“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2018/09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

エントリー

カテゴリー「Diary」の検索結果は以下のとおりです。

カテーテル アブレーション

  • 2011/12/20 21:31
  • カテゴリー:Diary

まあ、カテーテル アブレーションてのを受けたわけですよ。
太い血管の中にストローみたいなのを心臓まで入れて中を焼くっちゅう
考えただけでもオソロシイ事をされたわけなんだけど
これが痛い、ってか苦しい。

まあね、最初5時間以上なんて言っててそれが3時間ぐらいで済んだわけだから
少しはラッキーなのかも知れないし手抜きかも知れないけれども
もはやそんな事はどーでもいーぐらいキツかったね。

なんだか途中で血圧がやけに下がっちゃって
点滴から鎮痛剤を入れるともっと血圧下がって危険だ
みたいな事になっちゃって電気通すたびに胴体全部に何ともいえない痛さが充満するわけ。
んで、だんだんと電圧を上げていくたびに倍々に苦しさが増していく感じで
4段階ぐらい上がっていくんだから もーぉ地獄っすよ。

それを4カ所よ!?


まあ、なんとか今は鼓動もあまり感じないし治ってるっぽいんだけどね。

そう、
ちょっと余談だけど普通の人って心臓動いてるのわからないんだってね。
動くのがわかるとそれを動悸っていうらしいんだけどオレは生まれてこのかた
数えろっていわれたらいつでもどこでも何もせず心拍数数えられたの。
中学の保健体育で脈拍数はここを押さえて計るんだ みたいな事を教わったけど
オレはなんでそんな事して数えなきゃいけないのかわからなかった。
だっていつでもわかるんだもん。

もしかしたらそれが今は少しだけわかりにくくなってるカモね。

さー、このあと心房細動が出てこなけりゃやっと
この無駄なアホなキャンペーンからオサラバです。





☆・☆・☆



そう、あとね♪
この勇姿を後世に残しとかなきゃいけない!


御襁褓

などと
思ってしまったのは未だやまぬ電気ショックの痛みのせいだと思う。
(心電図計つけたまま何をやっとるんじゃ) 

引っ越し

  • 2011/12/19 17:44
  • カテゴリー:Diary

えー、
本日J-chin よねだは自治医大付属病院の
5階消化器外科病棟から6階循環器外科病棟にお引っ越しをいたしました。
いたしたことは別に大変でもなんでもないんだけど
手術が明後日って言ってたのに急に明日ってことになって
結構バタバタの日ですた。

関係ないけど
iPhone4がiOS5にアップデートしてからやけに調子が悪い。
もはや無償交換3台目の端末なんだけどイヤホンから音がうまく出ないのよ。
最初に博多でHOMEボタンが20回に1回ぐらいしか効かなくなって交換になって
次に大阪では通話が出来なくなって交換して、
これはAppleケアに入らないとiPhone5までもたないなぁなどと思ってたら
忘れちゃってて入院というコイツが最大に活躍すべきシチュエーションでこのザマっすよ。

イヤホンは認識されてて“ボリューム(イヤホン)”の
コントロールがイヤホンのリモコンでも本体でもできるのにナゼか音が出ない。
で、iPhoneはイヤホン抜くとスピーカーから音が出ちゃうのを防ぐために
曲の再生が止まるはずなのに再生マークがつきっぱなしのままでスピーカーからは音が出てない。
その状態でもう一回イヤホンを挿すと音が出たり出なかったり。
さらには電話の着信音は鳴るのにMailの音は出ない。

で、イヤホンの認識がおかしいのかと思えば
アラームは鳴るしイヤホンでの通話には何の支障もない。
(iPhoneはイヤホン挿しててもアラームはスピーカーから鳴る)

ってことはDockから外部スピーカーで鳴らしたい時みたいな
端末本体のスピーカー以外から出る音を全部何もつないでないDockに出そうとしている、
要するにDockの誤認識かと思って根限りDockを掃除してみたんだけどやっぱりダメ。

なんなんだろう?
やっぱ故障だよなぁ。

なんて事を考えてもしょうがないか、明日も手術だ。

ってさ、「も」ってなによ。

経過報告

  • 2011/12/17 17:48
  • カテゴリー:Diary

い〜痔〜の手術の経過報告なんて読みたくもないだろうが
こんな目に遭うのかと思うとこれは書き留めておいた方が
だれかが痔瘻の手術が決まって不安で検索してくるかもしれないんで
多少は世のためになるかも などとたった今とってつけたような理由付けで
言い訳しといてこのハデなツラさをミナサマにもチェルシーのように
わけてあげたいと思いまふ。

だいたいが痔瘻なんてのはお腹がゆるいヤツが
直腸の出口付近の分泌腺から出てる分泌液を自業自得で洗い流しちゃって
そこに雑菌が繁殖しちゃって始まる言っちゃあニキビみたいなものが原因らしいんだけど
場所がオープンじゃないだけにウミがたまってくると出口を求めて
トンネルをつくってしまい悪化するとアリの巣のようになっちゃう
基本 手術でしか治らない面倒なものなんだけど
意外と予備軍のヒトも多いモンみたいっす。

で、オレの場合はあまりひどくはなくて
トンネルが1本だけでそんなに深くもなく痛む事も滅多になかったんだけど
バイキンがしんぞーにまわると死ぬっちゅうからやらざるを得なかったわけですよ。

実際、麻酔かかってから20分程度でオペは終わって拍子抜け気味で、
まあ、麻酔切れるとそれなりには痛かったけど でもまあ こんなもんか的な
まあ、こないだの開胸手術に比べたら「ふ〜ん」だったわけ。

ところが3日経ってシャワーがOKになると
お医者が術創の中をきれいに洗い流せって仰るんザマスのよ。
実はこの手術は縫合をしない解放術ってヤツで、切りっぱで終わりなワケね。
あとは清潔にして自然治癒を待つの。

2~3cmの深さでざっくり切られてるトコロをシャワーで中まで洗い流せってのよ!?


こ れ が チ ョ ー 痛 い

じんじん痛いとかそんなんじゃなくてピリッピリの直線的な痛さ。
やんなきゃまた化膿して再発して そうなると結構面倒だとか言うから
やるっきゃないんだけど病棟のシャワーが高圧のシャワーでしかも水圧のコントロールが
もっのすげえムズい、ってか出来ないに近いの。

まー痛いね、ツラいね。
最初立って中腰になりながらやってたんだけどココロが折れて
ふと見るとスケベ椅子の背もたれ付きマジメ版みたいな座面がU字になってる椅子があって
試しにそれに座ってシャワってみたら術創がキレ−に開くカタチになってクソクソ奥まで
高水圧のそれが襲いかかってきて呉れてまあ地獄だったんだけどガマンしてやってると
そのうちシビれて来てあんまり感じなくなるのよ、たぶんアドレナリンね。

流れる涙をバスタオルで拭いて病室に帰って今度は滅菌ガーゼを貼るんだけど
今日はこのときにアドレナリンのせいでとんでもないコトをしちゃったです。

いやね、いつも風呂上がりの制汗に使ってるSea Breezeを
ついデキゴコロで術創につけてみてしまったのよ、うむ。




もぉね、青い炎。



自制が効くようになるクスリはないものだろうか?

確か去年の・・・

  • 2011/12/14 17:08
  • カテゴリー:Diary

そー!
確か去年の今頃も入院してた訳ですよ。
このすぐ上の6階循環器病棟にね。
まあ、この19日に またもや6階に引っ越して
カテーテル使って心臓のどっかを焼くらしいんだけどさ。

なんか書いてるか今みたら剃毛ネタが書いてあったわ。

でも みるんじゃなかった、よく考えたらすぐにまたカテーテルやるわけだから
3回目の剃毛じゃん、

ん!? 違うぞ!

そういや
つい一昨々日お尻をかき分けられてケツ毛や穴周り毛を剃られたばっかだった!

実はこれは なかなかキョーレツにハズいのよ。
また若い看護婦だったから余計にだったのかもしれないけど
おっさんの看護師よりはまだよかったのかも。

てなわけで次は前後で都合4回目の剃毛か・・・

ってゆーか「ていもう」の変換候補一発目で「剃毛」ってどーなのよ。
もっといえば「ていも」で予測変換で出てくるぜ!


まあいい、

諸君、実はね、ぼかぁ今おむつを穿いておるのだよ。

これがね、君ぃ 実にムレてだね、なんてーかタイヘンなのだよ、うむ。

ってかさ、まあね、ムレるのはまあ仕方ないと。
大人分の量のものが外に漏れないように作ってあるわけだからさ。

あ、言っとくけど手術して漏らしちゃうようになったんじゃないぞ!
コントロールは利くんだが“イ〜痔〜”の手術は術創を縫合しないのよ、
自然にくっつくのを待つわけ。だからそこから浸出液が結構出てきて
ガーゼを厚く当ててても ぱんちゅがゴレヨしてしまうので看護側で気を使って
「アテント M-size」を穿かせてくれてるんだけど
これがさー・・

本来 お襁褓(←あ!オムツってこう書くんだって!)ってのは、
自分で積極的に排泄していくモチベーションのヒトが使うもんじゃないじゃん、
だからヒッジョーに出し入れしにくいわけ、男の場合ね。

腿のところは漏れないように ぴっちぴちに閉じるようになってて
でも圧迫するほどは締められないから腿の付け根になんだかわかんない
サランラップ的なくっつき方をする紙があって横っちょからのチャレンジはその
キッツキツのところから引っ張りだすわけだからその最中も水路は締められているわけで
フィニッシュが決められず大したものでもない水路内に残留した液がほぼ必ずこぼれるという
かなり高いリスクがあるのね。

かといって上から引っ張り出そうとしても股上がチョー深くて
そのままでは不可能なので横から前に止めてあるマジックテープを剥がすわけなんだが
迂闊にやろうもんならオムツ全体の着脱性が最優先の設計だからストンと全部脱げちゃう。

脱げちゃったら男子小便器のような何もないところで穿き直すのは至難の業で
何故ならば腰の部分を何かでを押さえないと(通常の使用法ではベッド)
全体がぶら下がっちゃってどうにもならない。

こうなってしまうとオムツの前か後ろを手で押さえてもう一方を下に垂らしつつ
近くの壁まで移動して後ろ側を腰で押さえガニ股で前を引っ張り上げて
4つのマジックテープを1つ1つ留めていくしかない。

でぇ、これが個室で起こった事ならたいした問題ではないが
買い物に出たときや散歩中の公衆トイレなどで しでかしてしまうと
その狼狽具合は想像を絶するものである。

わけで、まぁ〜 大変よ。

ただでさえオレはステージ中に行くほどトイレが近い方なのに
しんぞーの関係で利尿剤をまだ飲まされてるから頻度はハンパなく
そのぶんだけ危機にさらされる可能性も高くなる。

横出しも上出しもリスクが高いからって
中出しという通常の使用法を試すにはまだオレには経験と修行が足りなすぎて
度胸がない、いやそれ以前に覚悟がない。


四十不惑と云うがこれは誰だって戸惑うぞ。 

えー、

  • 2011/12/13 07:00
  • カテゴリー:Diary

ども、手術終わりまして、ええ、まあ
成功?ってヤツらしいっすけどね。

まあでも、おー、
ああいう時の成功ってヤツは患者が生きてりゃあ手術のデキとは
あー、あんまり関係ないように思うんスけどねえ。ええ。

☆・☆・☆

だいたいが入院前の予定では昨日の2番目の手術予定だったのよ。

それが一昨日になってやっぱり朝イチで手術やるってコトになって
全身麻酔だから何かあったときに決断するために親しい家族に必ずきてもらう必要がある
なんて言うから
妹はガキ生みたてでまだあちこち痛くてダメだし、その旦那は血縁ではないし
ガキのためにこっちに来てるオフクロは免許ないし、一体どの組み合わせで来てもらおう?
とか思いながら何度もMailしたりTELしたりしてたんだけど、

一昨日の夜「オンコールになりました」とか抜かすから
いやいや師走の平日の時間が入院した親戚の執刀医のオンコールで何とかなるかい!
的な流れには当然なるわけで、妹夫婦にはもう来れれば来るってので良いって風に言っといて
明けて手術当日、
オンコールってことは朝イチでは絶対にないわけなんだけど
前日の水分オミットの時間は0:00で、これが朝イチの手術なら起きてすぐに手術みたいなもんだから
苦しくもないけどコール待ちで12時間以上水飲めないってけっこーキツい。
ハミガキとうがいで渇きを誤摩化しながらやっとコールが来たのは13:40ぐらいで14:25入室。

んで、徒歩でどんどん奥に案内されてとうとう手術室。
おかしいな?と思ったら案の定 麻酔を下半身麻酔に変えるっての。

まあいいよ、オレはね。
3度目の全身麻酔のための検査も肺機能とかのヤツだから
オレにとっては一番重要な部位の健康診断を健康保険で受けられるようなもんだ。
しかーし!
オレの1時間程度の手術のために一日中スケジュールを流動的にキープしてくれて
最終的には来といて「やっぱ局所麻酔にしたので来なくて大丈夫でした、へへっ♪」などと言われたら
頭にも来ようもんだろう。

来たら来たで別室で待つコトになるらしいんだが
この時、院内PHSを渡され緊急時や手術の終わりの連絡に使うらしいハズの
その、PHSを

渡されてなかったそーなのよ どーなのよ。

何時間待たせたのよ?この手のミス、多すぎないかい?自治医大さん。

もっと他にもあるんだよん。

人為ミスで厚生医療適用外になった処方箋のこととか
まだモメてる事だけど鼻血のときの入院費の事とか細かく書いちゃうよ。

基本いー感じだから来てるワケでさ
けっこー あと一歩なんだけどねー。

月蝕

  • 2011/12/11 00:06
  • カテゴリー:Diary

194-1.jpg

月蝕、月食どっちなんだろうね。

病室抜け出して撮ってみたけど星は上手く撮れないよね。

さて

  • 2011/12/10 04:48
  • カテゴリー:Diary

またまたまたの

都合六度目になる入院ということで、

もう なんか いろいろ どーでもいい気分ですが

とりあえずこんな時間に目が覚めてみたので更新などしてみております。


今回はビータ帰り直入り入院というアホなことになってしまい

しかもレッスンなんかの入院期間分のツケを払ってない、

特に緊急入院だった前回の鼻血のときの不足時間分の補填がまだ済んでいないのに

次の入院となってしまい、それに加えてビータが急に前乗りになったり後帰りになったりで

どんどんスケジュールがタイトになり、入院してやっとゆっくりできている感じではあります。




・・・、

もうちょっと寝ることにしよ。

近況報告

  • 2011/11/25 06:58
  • カテゴリー:Diary

つまんないことばっか書いててもそれは本意じゃないので
かといって それが抱腹絶倒のタノシイことでもないんだが
久々になんか書いといてみようかなと思ってさ。

キジ


とりあえず今日の晩飯。
ダイスケに貰ったキジ肉づくしの鍋&タタキ&more

昨日、
今Getしたばかりの獲物を捌くから手伝ってくれってTELを羽田でバス待ちの空港Barで
貰ったんだけどどうしようもないんで肉だけおいしくいただきました。

特にさっと湯にくぐらすタタキは絶品で
岩塩などに1,2滴ほど昆布を漬けた酢をたらしてごま油で溶かしたタレをつけると
何度かは昇天できること請け合いです。


空港に居たのは四国松山からの帰りだったんだけど飛行機の窓から
こんな写真や

海

こんな写真が

虹

撮れました。


あと
夏目漱石「坊ちゃん」や宮崎駿「千と千尋の神隠し」で
舞台となったりロケーショニングされてる道後温泉にも
ガキの頃以来40年ぶりぐらいに行ってきました。
そのときのことは覚えてないんだけどね。

道後温泉


あとまあ どーでもイイっちゃどーでもイイんだけど
12月またまた入院でふ。

最後の仕上げか?




p.s. 是清は元気なんだろうか? 

無題

今年のあの地震以来 放射能ウンヌンといろいろなところで見聞きするけど
どうも腑に落ちないというか腹が立つ報道や記事やweb上でのコメントが多いよね。

ネット上では声高らかに福島辺りの放射能がどうとか東京電力がどうとか
言いたいだけいってるやつも多いし
リアルなオレ周りでも東京ですら放射線の影響が怖くて
幼稚園前のガキつれて奥さんだけ九州だかどっかへ
引っ越しちゃったなんていうカワイソウな奴もいたりする。
そのときオレは直接は何も言わなかったけどね。

オレはオレが知ってる限りでは遡って数代は広島で続いている家の両親から
昭和43年(1968年,原爆の日から23年後)に生まれました。
広島市による認定はないし申請もするつもりはないけれど
間接被爆者(被爆二世)にあたると思います。

Wikipediaによると当時の被爆量は

  • 原爆投下当日、爆心地へ入り数時間滞在した者は約0.2シーベルト、翌日に入った者は約0.1シーベルトの被曝をした。
  • 爆心地における放射線量は、103シーベルト(ガンマ線)、141シーベルト(中性子線)、また爆心地500メートル地点では、28シーベルト(ガンマ線)、31.5シーベルト(中性子線)と推定されている。すなわち、この圏内の被爆者は致死量の放射線を浴びており、即死(即日死)ないしは1ヶ月以内に大半が死亡した。また爆心地5キロメートル以内で放射線を浴びた被爆者は急性放射線症を発症した。



だったんだそうで、
単位は昨今聞き慣れた「マイクロ シーベルト」ではなくその百万倍の「シーベルト」です。
その半減期については福島原発から放出されたと思われるヨウ素131が8日間、
セシウム137は30年だそうですが、広島に投下された原爆に使われたウラン235の半減期は
約7億年なのだそうです。

オレもオレの妹もその影響を受けた親から生まれ、
妹は来月末にはオレの親戚を増やすそうですが問題はないと聞いています。

オレはオレで人生の大勢に影響はないところでの運命の巡り合わせは
今までの記事にあるように「間の悪さ」ったらないですがとても充実した(?)
暮らしを送っています。

・・・

ん?
あ、そうか、例えば去年の一万人に一人の網膜剥離とか
今回の心臓の件なんかは間接被爆とは違うって言い切る根拠はないけど
でも違う気がする。

よしんばオレがその影響で心臓に先天性の欠損があったとか
普通の人とは違う理由で外傷性ではない網膜剥離になったとか
人様がそう経験できないような間の悪さでケツカチの深夜3時(!)に
大幹線道路で交通事故による大渋滞に遭遇してしまうとか
なのだとしたらいろいろ経験できてご先祖に感謝するけど
それはたぶんちがう。

間がウンヌンはおいといて
心欠損や剥離は医者じゃなくてファイザーみたいなメジャーの製薬会社から
データが出てるはずだもん、損したくないから。

オレが自分で検証したり分析したわけじゃないけどさ。

そりゃね、影響が皆無ではないとは思うけど
今回マスメディアが煽って報道してるのは単なる販促活動だと
思っていいとオレは考えます。

オレの親や幼馴染みのご両親は原爆の爆風で倒壊した木造家屋から
今の福島の100万倍の放射線を浴びつのち10数年後にオレたちをもうけ、
のち50年以上 母を含め現在まで幸せに暮らしている方々の存在の事実は
動かしようがなく、また、少なくともオレは面白おかしく生きてます。




P.S 原子炉周りの作業をしてた方が何人か亡くなったことは
確かに事実かもしれないけど安全対策への理解不足&説明不足
の気がするんだよね。

顛末

  • 2011/10/03 10:09
  • カテゴリー:Diary

さて、なんでこんな時間に更新しているのでしょう。

ってね、上に“顛末”なんて書いてりゃ分かるとは思うけど
ここ数回にわたっての話の流れの結果報告です。

別に帰ってからでもよかったんだけど会計まであと1時間かかるとか言ってるし
こうであるはずだと思い込んで意地になってた感情が いともあっさり氷解したので
今ささっと書いときます。

朝6時に起床し、8時のメシまで少し散歩しながら
謝罪係の若いヤツに今日問いつめてやるべきことをメモを見ながら反芻しつつ
iPhoneはメモを見ながら録音はできるのかとか当然のようにこじれたときには
先ず配達証明付きにしとくか行政書士に相談していきなり内容証明で送るか
とかいろいろ考えてるうちにメシも済み 歯など磨きつつネット動画を眺めていると
「よねださーん 診察でーす、診察室まで・・・」

メモと録音の準備をして立ち上がろうとするとこないだの事を思い出したのか
「まだもうちょっとかかるみたいなのでもう少しベッドで・・・」

などと やりとりがあっていざ診察室に赴いてみると
・・・・

もったいぶる必要ないね。

あっさり教授がいました。

質問にこう答えてきたらこう返してこうならこれで
みたいな作戦は全部取り越し苦労。

話は全て聞いてもらい、一つ一つに謝罪を受け
ごくごく細かい突っ込みどころはあったものの仕舞いには

「改善していきますのでこれからも自治医大をよろしくお願いします」

だって。

はははーだ。


オレなんかとは根本的に頭のデキが違うんだね。
バカが扱えるんだよ。

完敗です。

おみそれしました。

でもね、
腹立たしい扱いがあったときにそれをガマンするわけじゃない。
不愉快な事はこれからもきちんとそうだと伝わるまで言い続ける。

がぁ、

今回は許すも許さないもないっす、
これからもお世話になります、よろしくです。

ページ移動

ユーティリティ

新着画像

New Entry

広島原爆の日2018
2018/08/06 08:15
久々に覚え書き
2018/06/01 04:17
ひゃっはー♪
2018/05/31 05:33
なんだかなぁ
2018/05/17 06:00
誰が出る出る詐欺じゃっ!
2018/05/11 05:48

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード