“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2011/10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

2011年10月の記事は以下のとおりです。

無題

今年のあの地震以来 放射能ウンヌンといろいろなところで見聞きするけど
どうも腑に落ちないというか腹が立つ報道や記事やweb上でのコメントが多いよね。

ネット上では声高らかに福島辺りの放射能がどうとか東京電力がどうとか
言いたいだけいってるやつも多いし
リアルなオレ周りでも東京ですら放射線の影響が怖くて
幼稚園前のガキつれて奥さんだけ九州だかどっかへ
引っ越しちゃったなんていうカワイソウな奴もいたりする。
そのときオレは直接は何も言わなかったけどね。

オレはオレが知ってる限りでは遡って数代は広島で続いている家の両親から
昭和43年(1968年,原爆の日から23年後)に生まれました。
広島市による認定はないし申請もするつもりはないけれど
間接被爆者(被爆二世)にあたると思います。

Wikipediaによると当時の被爆量は

  • 原爆投下当日、爆心地へ入り数時間滞在した者は約0.2シーベルト、翌日に入った者は約0.1シーベルトの被曝をした。
  • 爆心地における放射線量は、103シーベルト(ガンマ線)、141シーベルト(中性子線)、また爆心地500メートル地点では、28シーベルト(ガンマ線)、31.5シーベルト(中性子線)と推定されている。すなわち、この圏内の被爆者は致死量の放射線を浴びており、即死(即日死)ないしは1ヶ月以内に大半が死亡した。また爆心地5キロメートル以内で放射線を浴びた被爆者は急性放射線症を発症した。



だったんだそうで、
単位は昨今聞き慣れた「マイクロ シーベルト」ではなくその百万倍の「シーベルト」です。
その半減期については福島原発から放出されたと思われるヨウ素131が8日間、
セシウム137は30年だそうですが、広島に投下された原爆に使われたウラン235の半減期は
約7億年なのだそうです。

オレもオレの妹もその影響を受けた親から生まれ、
妹は来月末にはオレの親戚を増やすそうですが問題はないと聞いています。

オレはオレで人生の大勢に影響はないところでの運命の巡り合わせは
今までの記事にあるように「間の悪さ」ったらないですがとても充実した(?)
暮らしを送っています。

・・・

ん?
あ、そうか、例えば去年の一万人に一人の網膜剥離とか
今回の心臓の件なんかは間接被爆とは違うって言い切る根拠はないけど
でも違う気がする。

よしんばオレがその影響で心臓に先天性の欠損があったとか
普通の人とは違う理由で外傷性ではない網膜剥離になったとか
人様がそう経験できないような間の悪さでケツカチの深夜3時(!)に
大幹線道路で交通事故による大渋滞に遭遇してしまうとか
なのだとしたらいろいろ経験できてご先祖に感謝するけど
それはたぶんちがう。

間がウンヌンはおいといて
心欠損や剥離は医者じゃなくてファイザーみたいなメジャーの製薬会社から
データが出てるはずだもん、損したくないから。

オレが自分で検証したり分析したわけじゃないけどさ。

そりゃね、影響が皆無ではないとは思うけど
今回マスメディアが煽って報道してるのは単なる販促活動だと
思っていいとオレは考えます。

オレの親や幼馴染みのご両親は原爆の爆風で倒壊した木造家屋から
今の福島の100万倍の放射線を浴びつのち10数年後にオレたちをもうけ、
のち50年以上 母を含め現在まで幸せに暮らしている方々の存在の事実は
動かしようがなく、また、少なくともオレは面白おかしく生きてます。




P.S 原子炉周りの作業をしてた方が何人か亡くなったことは
確かに事実かもしれないけど安全対策への理解不足&説明不足
の気がするんだよね。

顛末

  • 2011/10/03 10:09
  • カテゴリー:Diary

さて、なんでこんな時間に更新しているのでしょう。

ってね、上に“顛末”なんて書いてりゃ分かるとは思うけど
ここ数回にわたっての話の流れの結果報告です。

別に帰ってからでもよかったんだけど会計まであと1時間かかるとか言ってるし
こうであるはずだと思い込んで意地になってた感情が いともあっさり氷解したので
今ささっと書いときます。

朝6時に起床し、8時のメシまで少し散歩しながら
謝罪係の若いヤツに今日問いつめてやるべきことをメモを見ながら反芻しつつ
iPhoneはメモを見ながら録音はできるのかとか当然のようにこじれたときには
先ず配達証明付きにしとくか行政書士に相談していきなり内容証明で送るか
とかいろいろ考えてるうちにメシも済み 歯など磨きつつネット動画を眺めていると
「よねださーん 診察でーす、診察室まで・・・」

メモと録音の準備をして立ち上がろうとするとこないだの事を思い出したのか
「まだもうちょっとかかるみたいなのでもう少しベッドで・・・」

などと やりとりがあっていざ診察室に赴いてみると
・・・・

もったいぶる必要ないね。

あっさり教授がいました。

質問にこう答えてきたらこう返してこうならこれで
みたいな作戦は全部取り越し苦労。

話は全て聞いてもらい、一つ一つに謝罪を受け
ごくごく細かい突っ込みどころはあったものの仕舞いには

「改善していきますのでこれからも自治医大をよろしくお願いします」

だって。

はははーだ。


オレなんかとは根本的に頭のデキが違うんだね。
バカが扱えるんだよ。

完敗です。

おみそれしました。

でもね、
腹立たしい扱いがあったときにそれをガマンするわけじゃない。
不愉快な事はこれからもきちんとそうだと伝わるまで言い続ける。

がぁ、

今回は許すも許さないもないっす、
これからもお世話になります、よろしくです。

明日退院

去年8月に何でもないかすみ目から網膜剥離が発覚して
都合4度目の入院、しかも鼻出血で緊急入院という不運な事態から10日が経ち
途中、収縮期血圧が70mmHgというこれまでの人生での最低の血圧を記録して
立ちくらみで実際に転倒し、その起立性脳貧血によってやはり生まれて初めて
視界が閃輝暗点で埋め尽くされたたその日、入院の原因である最悪の場所からの
鼻出血の止血のために鼻腔内で膨らませたバルーンは“めったにない”ことに
鼻腔内で激痛を伴って自然破裂し、その3日後には低血圧で朦朧とした中で
おエラい医者にジュネーブ条約締結以前の負傷した捕虜のような侮辱的な診察を受け
耳鼻科と循環器内科の連携が全くと言って差し支えないほど取れていないため
心臓疾患が遠因であるところの入院であるにもかかわらず こちらからしつこく
要請した循環器科での診察日以外には心電図すらとってもらえないような
大昔に読んだ事のある小説よりもバカバカしく腹立たしい入院でしたが
今夜急変しなければ明日無事に退院を迎えるられる事になりそうです。

まったくさ、今回こっちは
「あー、人ってこうやって死ぬんだ、あんまりコワくないんじゃん」
ぐらい思ったこともあったのに、死にゃあしない ってんだったら説明して安心させてくれよ。
死の予感ってそんときコワくなくてもあとからすげえコワいんだからさ。

血圧の事だって計りながら

「私も80ぐらいですし他の患者さんで50くらいの方もいらっしゃいますよ」

とかヌカしたナースがいたけどこう問いたいね

「1週間で50下がった事があるのか?
アンタも開胸手術して2ヶ月なのか?
やはり心房細動とまらなくて再手術するのか?
その収縮期血圧50の人もそうなのか?
スタンドプレイで何小節も前から立ってて良いとでも思ってるのか?
etc...」

で、件の非常識診察へのクレームだけど
当たり前だが教授が出ては来ない。話も行ってないだろうね。
でも一応毎日食い下がってたら明日の退院前診察の担当が
現場に居た医者だからそのとき話は聞くって言うから
ひたすら謝り係に徹されるかもしれないけど
聞きたい事は全部聞くつもり。

納得いく回答が得られなければ大したものでは決してないけど
持てる力と知恵とコネクション、あと最大の武器「ヒマ」を総動員して
自分たちが何をやったかを理解してもらう。

さてどうなるか

ページ移動

  • ≪≪ Older
  • Newer ≫≫
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着画像

New Entry

はぁい♪
2017/12/05 04:45
Jupiter Trombone
2017/11/15 05:07
お久しぶりでございます
2017/11/08 06:04
終戦の日 2017
2017/08/15 12:00
広島原爆の日 2017
2017/08/06 08:15

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード