“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2017/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

カテゴリー「まったくの覚え書き」の検索結果は以下のとおりです。

mac e-tax エラー HJS0407E ”検索ワード用タイトル”

徒歩でも5分チャリなら2分のところにある税務署に
ただ行くってことだけが面倒くさかったわけではなく、
この江古田の町の古くからの商店街の一本となりの通りにある
その役所は、個人経営の商店の多さのためか1月末から
そこそこ混んできてしまうので、今年からは意地でもe-Taxでの
電子申告に切り替えようと早くからカードリーダライタも準備して
面倒な領収書の計算も早くから少しづつ消化していって

よーし、e-Tax送信じゃぁ!

 

って 今日、

役所に送りつけてやろうとしたら 全っっ然ダメなのさ。

 

最後の電子署名付きでの送信ができないの。

 

すっげぇ調べて試して ガッテンなつもりでもエラーまくりで
252回ぐらい国税庁ホームページを確認したんだけど、
そもそもMac上での動作確認OSとブラウザがめっちゃ古くて、
仕方ないからエミュレータでWindowsのインターネットエクスプローラとか
立ち上げてみてもやっぱダメで、結局はFirefoxだとなんとかなりました。

 

検索ワード"e-Tax mac HJS0407E 2017"とかでここに来たヒトへ・・
(以下は申告書.dataが保存されてる人だけへのハナシ)

mac Yosemite以降の場合はカードリーダのドライバは不要とか
メーカーサイトに書いてあっても一応、最新版をDL&インストールしてMacを再起動し、
システム環境設定の最下段のJAVAのコントロールパネルの認証証明書に政府の証明書を
4つ全て追加して、「公的個人認証サービス」の《Java実行環境への登録》を確実に実行
したらJAVAが最新版であることを確認し、送信チャレンジし、2回送信が失敗したら
たぶんもうダメなので一度、標準ブラウザをFirefoxに切り替えてカードリーダライタを
USBに挿しっぱなしでコンピュータを再起動して取り組みましょう!

 

これでもダメなこともあるはずです、ははは。
きっとこれでもダメな人はダメなんだけどそんなヒトは
何回かの再起動中にpramクリアとセーフブートを試しましょう!

で、いままでずっとFirefox使ってるよ、ってヒトは
一回アンインストールしちゃって下さい。

 

で、最後の「送信」はMacではFirefox上でしかオレは成功しませんでした。

なので、この記事の逆引きでなんとかなるヒトもいるかもね。

 

 

もぉねる

 

 

ってかしんこくつかれた

アンカーグリップとゼッツェン問題・・Ver.0.2.2.4alfa

アンカーグリップとゼッツェン問題・・その0.1.1betaの以下の部分が
なんかちゃう気がしてきた、ってか誤解だったっぽいんだけどココまでの流れで感じてることだから
当該部分を過去記事には残しつつココで訂正、ってか現時点での新たな所感。

 

上唇は口輪筋までかなりガッツリ振動するけど基本的にシングル・リードとして機能する
リップ・リードは下唇を固定して下顎でそれを制御することによってエアの流量と
その方向を変化させて音程音量を決定する。

このとき舌の位置と形状はエアストリームに甚大な影響を及ぼすが、それはあくまでも大きな音色の変化と、
大きくても短3度以下の強制音的な音程の変化がみられるに留まるため倍音操作の主ではない。




基本的にリップ・リードはシングル・リードとして機能し、制御されるものであり、
上唇は口輪筋の一部に至るまでの広範囲の振動をするが、下唇はリムに固定されて振動が制限される。
しかし下顎によりリムとの位置関係を制御し、エアの流量とその方向を変化させることによって
下唇は音程音量を決定するための最大の役割を担う。

このとき舌の位置と形状はエアストリームの速度と方向に非常に大きな影響を及ぼすが、
それはあくまでも大きな音色の変化と、大きくても短3度以下程度の強制音的な音程の変化を
もたらすに留まるため倍音操作の主ではない。

 

 

こんな感じか?

まあまた書き直しゃいいか。

アンカーグリップとゼッツェン問題・・Ver.0.2.2.3alfa

なんだかわかってきたぞ

 

  1. 恐らく狭義では、いや広義なのかもしれないが唇の肌色と赤のキワの口輪筋の縁の盛り上がりがリムトップよりも内側にあればアンゼッツェン、リムトップを外側から包むとアインゼッツェンと仮定する。

  2. その際に唇がとても厚い もしくは極めてナローなリムの場合、赤いところがリムの下から見えたりするがそれは大きな違いではなく決定的な違いは上記(1.)

  3. よほど下唇の厚さがないとTrombone以上のリム口径のマウスピースを持つ楽器では自然な形では不可能で、たとえ下唇を大きくめくってリムをセッティングしたとしても内側から口輪筋がリムトップの内側に入ってしまい不自然極まりないアンゼッツェンとなる。

  4. 逆にTrumpet、Horn近似の大きさのリムの楽器で上記(1.)での仮定のアインゼッツェンでセットした場合リムトップが下側の口輪筋のサポートとなり持久力が飛躍的に向上する。

  5. 重要】リムトップと「赤のキワ」を意識してセッティングすることによって少なくともウエットリップのアンブシュアはドライにシフトできる。

  6. (1.)での仮定のアインゼッツェンでは下唇はアパチュアの「握り込み」に参加するすべがないので俯瞰的なピッチコントロールができる。

  7. 同、(1.)での仮定のアンゼッツェンよりもストリームコントロールが角度変化が少なくてすむため この点でも耐久力の向上を見込むことができる。

  8. 同、(1.)での仮定のアンゼッツェンよりもカップ内への下唇の干渉が少ないためカップ容積の「唇の入り込み」による減少を抑えることと、カップへの干渉が上唇に限定されることによって不確定要素が減少し、意図した結果を得やすい。(カルマン渦)

  9. いわゆる「アンカーグリップリム」は恐らく(2.)の場合を除いて必要ない。

  10. うーん、あと、、etc...

 

「あれ?なんかイイじゃんイイじゃん」
で今日が終わってしまったため検証含め明日以降に持ち越し。

ってか、ドライでTrp吹いた後にTrbが何故かウエットでいつもみたく普通に吹けたんだよな・・・

すげぇ調子イイ感じでもなかったからわけわからん。

だから今日もαVer.

 

上手になれますように。

アンカーグリップとゼッツェン問題・・その0.2.1beta

ゼッツェン問題にとりあえず ひとつの結論が出ました。

「ぁあ☆ぃィん♪」などとゆーとる場合じゃありません。

まず、アインゼッツェンとはリム内外両方のエッジで唇にアンカーするもので
アンゼッツェンは内エッジのみでアンカーするのよ。

どちらがしっかりアンカーできるかってと当然アインゼッツェンなわけだけど、
このときにオレみたいに「左下1番の歯が・・」とか言ってたら より大事な内エッジのアンカーが
届かなくなっちゃうしムリに届かせようとすると痛くて吹けない。
だからって極薄リムにしたところで今度はバテ始める。
バテるからってリム口径を小さくすると今度は動きがとれなくなってくる。

だからチョー唇が厚くて通常のナローリム程度で自然にアインゼッツェンになる人や、
(だから通常Trb以上のマウスピース口径の楽器ではアインゼッツェンはありえない)
少なくとも上下の整った歯列と、多少「くの字」に内向き気味な正常咬合の持ち主しか
このセッティングを用いるのは困難だっつーコトですよ。たぶん。

まあね、アインゼッツェン、アンカーグリップスタイルでのスーパースターってば
マイルス・デイヴィスとデニス・ブレインぐらいしかパッとは思い浮かばないもんね。

 

てなわけで、
大久保歯科医院の大久保先生にギリまで(なら)してもらったけど そもそも段違いに生えてる歯ばっかのオレには
アインゼッツェン挑戦は夢と消えましたデス。

 

ただね、
何の影響だか指先がまっ白になってひび割れるほど都合6本のマウスピースを
リム内側エッジで下唇にアンカーするという新たな目線を持って試行錯誤し倒してみた
経験とノウハウは(加工法のことではないよ)オレをちょっとだけ進歩させてくれました。

 

下唇の赤いところでのアンカーは諦めざるを得なかったけど
その下でのアンカーは やはり大事でTrbマウスピース「J-chin-2」のときのWillie's中込マイスターの
「外エッジ次第で内エッジの感触が変わる」ってアドバイスもより深く理解できるようになったね。

 

で、少し追い込みすぎで口径が小さくなり過ぎたBach 5V-1を
口径拡大&えぐり除去&カップ形状変更を施してみました。

カップ形状は5MVで味をしめたファーガソンカップ。
右の写真は左側リムにピントが合わせてあるんだけどエッジとカップとの境界が超ナダラカでしょ?
トップからみた内エッジのRの起点のほうがエッジとして感じられるようなリムにしてみてあるのです。

今回の加工の前の5Vのリム

この写真のピントは左奥



 

 

下の金メッキは比較用の5MV(改)ね。    

 

 


 

この場合どこで測ればいいのかわかんないんだけどGRのいうr4のあたりで測って内径16.3mmくらい。

まあまだ両者を吹き比べてる段階なんだけどね。

でも ずいぶん可能性を感じるです。

 

まだまだ とーぶん続くよー。

アンカーグリップとゼッツェン問題・・その0.1.2alfa

やっぱ覚え書きシリーズ

昨日の「口唇の体積」のトコロは記述が半端だったので今日の考察も含めて補足。

 

金管演奏原理における流体(エアストリーム)の運動の最重要点は
「カルマン渦」の位置をある程度コントロールできるということであるが
エアストリームを隔てて上下唇に一定の振動(ピッチ)の維持という意図的な目的を持った
振動を与えると渦同士の干渉が無視できないほど大きく、かつ複雑なものになり
振動周波数の可変と維持の両者が不可欠の目的となるこの場合においては
唇両端から上唇にかけての「単一なクロワッサン状の3次元的渦」を発生させ、
これを制御して上記の目的を達成するのが最も高効率であり理想的である。

 

メンドクサイ書き方したけど息を吹き込むことによってマウスピースのカップ内の上唇前に
カルマン渦ができてエアストリーム方向に上唇を押し戻してくれるから上唇は開きっぱにならずに
それを阻害するようなアンブシュアでないかぎり息を出すだけで振動が発生し維持できるわけ。

渦が一コなら当然複数の渦があるよりも制御がカンタンなわけだからシンプルな高効率を目指すなら
下唇前とか他のトコロににワザワザ渦作ってメンドクサイ思いなんてしないほうがいいのは当たり前。

チョー解りやすい例を出すとドッペルね。

あれは通常咬合のマジョリティ・イグザンプルで言えば
上唇のバテなどが原因で下唇前に図らずもカルマン渦をつくっちゃって
コントロールできなくなって上下唇の周波数差が一定を超えてしまったときに、

大多数の場合、上唇がバテで下の倍音の周波数近くの振動になっちゃってるのに
下唇は出したい音程の周波数をキープしてしまうからドッペるのよ。

ウソだと思ったらチョーむずいけどワザとドッペル出してみて♪

初めてだと上唇で第3倍音F、下唇でその上チューニングBbを吹く感じで
やってみるとやりやすいかもしれないね。
(訂正:初回UP時点では上唇でBbと逆に書き間違えておりました↑あと↓も訂正)

オレなんかは上唇でチューニングBb、下唇で上一線のDのほうがやりやすいけど。

ってかまあ この説明だけで「ほぉ!」ってできるヒトは意図しないドッペルなんてもう出ないヒトだよ。

で、話を戻すと
当然、乱気流を生み出す余計な渦なんて目的がない限り排除したほうがいいわけで
上唇の渦にしても いろんな渦がめいめいの方向に力を及ぼすよりも、
一つの大きな渦をカップ内の上唇全体にアプローチさせたほうが
コントローラブルなのは当然だよね。

 

そう、だから
高い音は高速な気流を可能な限り大量に射出すればいいのよ。


ただそこに問題はとぉーっても多くてチャートにすると・・・

 

いっぱい息を出す

その息がアパチュアを拡げちゃう → ピッチコントロール不能

拡がったアパチュアは流速を著しく遅くする → 音質劣化、音色制御不可

必要な流速が足りないためその音は出ない → オーバーブロウ

流速確保のためにアパチュアを握って閉じちゃう → インターバル制御低下

カルマン渦との力比べに筋力が勝利! → ラッパ「みよ〜んっ」

振動が起こらない → ラッパ「シューッ!!!」

etc...

握り続けて もはやバテ回復不能 → END

END

 

力がちょっとだけ抜けてきた音大C年が6〜7月あたりでドッペりまくりだして
同じ道を通った上級生から爆笑の洗礼を受け、傷つきまくる理由の98.2%がコレ。

あと残りの1.2%が飲まされ過ぎで 次ぐ0.6%が飲み過ぎ自爆ね。

 

あれ?飲みながら書いてたら なんか思ってた記事とちげーぞ。

アンカーグリップとゼッツェン問題・・その0.1.1beta

やっぱりまだ少しだってまとめる気になれないぐらい
各パーツがつながらないんだけど そこらへんの紙に書き留めちゃうと
どうせビールこぼして読めなくなって捨てちゃうのでココに書くことにするです。

0.1.1alfaでは「口唇の体積」なんて表現しかできてないけど
コレの意味するところは唇の「筋肉じゃないビロビロの部分」のことで
0.数ミリ〜数ミリ奥には口輪筋があって通常咬合の場合の9割以上を占める
上唇メインのアンブシュアでは下唇はソコしか振動してないんだよね。

 

ので、

上唇は口輪筋までかなりガッツリ振動するけど基本的にシングル・リードとして機能する
リップ・リードは下唇を固定して下顎でそれを制御することによってエアの流量と
その方向を変化させて音程音量を決定する。

このとき舌の位置と形状はエアストリームに甚大な影響を及ぼすが、それはあくまでも大きな音色の変化と、
大きくても短3度以下の強制音的な音程の変化がみられるに留まるため倍音操作の主ではない。

 

ぐらいは間違いないはず。

 

次、

 

「オレってば下左1番の歯が・・」

って、なんじゃそりゃ(苦笑)

 

ってかまあ、あまりに私的すぎるけどオレ下の歯並びのせいで試してみたい位置に
アンカーできない範囲があるのよねぇん。ははは。

んで、なんとなく前に内エッジが超キツめに削ったマウスピース出してきて吹いてみたら
角度によっては

 

「内エッジでアンカー?」

 

とかが オレにも段階的に試してみたらデキナイわけでもなくて、
なんとなくだけど「キツいエッジがスキなヒト」のキモチにちょっとだけ共感できたわけでした。

 

 んでぇ!

「小口径リム」よ。

口がちっちゃけりゃ唇もちゃいちー。
唇がちゃいちーなら口径ちっちゃくすれば
《「ぁあ☆ぃィん♪」本当は「ein setzen」: 真ん中に位置する》のは、

できるというよりも不可避になってくるわけで(上の行は書いてて恥ずかしいぞぉ!)
来週の数日間はTrbも使ってないマウスピースのどれかを削ってちっちゃくしてイロイロやってみるです。

(再起不能になりませんように♪)

 

ちなみに 神臨デニス・ブレインは
トーチャンだったか叔父さんだったかにもらったクソちゃいちーで刺さりの良いナローリムの
深っかい深っかいマウスピースで最低音域へのインターバル以外は胸を張って微動だにせず、
ブレイン家に先祖代々伝わる古式ゆかしいアインゼッツェンで17歳からソロイストとして
50年前のヨーロッパ中で引っ張りダコちゅぅ〜だったんだってよ。
サラブレッドの譜面台にはクルマの雑誌があったそうじゃ。

んで、クリフォード・ブラウンと同じく事故って亡くなるんだよね。。。

 

書いてて思い出したけどメイナード・ファーガソン全盛期の
(今さらのフォローだけど映画のロッキーやアメリカ横断ウルトラクイズとかのヒトね)
あの内エッジなしのリムはファーガソンが若い頃ジャック・ティーガーデンに見せてもらった
彼のマウスピースをTrpに再現したものだったんだって。

あのカタチは身体的アドバンテージが必要だけど使えるならたぶんそうそうバテないからね。

ってかティーガーデン先生ってばどんな仕事のとり方してたのさ。

 

アンカーグリップとゼッツェン問題・・その0.1.1alfa

  • 口唇の体積

  • オレってば下左1番の歯が・・

  • 内エッジでアンカー?

  • 小口径リム

  • etc...

 

む~。

アンカーグリップとゼッツェン問題・・その0.0.1alfa

昨日、更新したあと
吹いていい時間まで時間があったしあんまりにもこの5MV(改)のデキが良いんで
外形状もオリジナルにいじりたくなったのと感じだったからちょっと減量したわけさ。

リム形状のお手本もSCHILKE 5Aだったし形を真似つつの減量作業だったのね。

軽くなりすぎてモサモサするのも嫌なんでホッペは少し残しつつ、
リム外エッジに向かってなだらかにしつつもリム幅狭くなったら機能も変わっちゃうんで
爪やすりなんかにペーパー巻いたりして慎重にギリギリまで追い込んでみたのよ。

でぇ、メッキしたりなんかしてたら音出しOK時間になったんで吹いてみたら
イロイロやってるうちにココが鋭角になるだけでなんと(下唇の)アンカーになることが判明。

んで、またイロイロやってたらひゅーんってDoubleのF(実音)まで上がれるのさ。

「なんじゃこりゃ?」って思ってしばらく考えてみたんだけど
コレって昔、20代の頃にTrbで初めてDoubleの音域に届いたハイトーンその6のときのおクチじゃん!

 

「ってコトは・・?」とか思ったけど、思っただけで結論なんかそうそうすぐ出るようなもんじゃないわな。はは。

 

ただ、そうとは知らず、
まだなんか「とりあえず文字にしとかなきゃ」的な感じで、当時ですら思い出しつつ書いてた短い記事が
ってか まさに覚え書きが、
アインゼッツェンからのものだったのはちょっと驚きつつも
「同じ人間がやってることだもんなぁ感」と「わし成長しとらんやん感」などが
だいぶ細胞数が減ってきた脳みそに渦巻き、なかなかフクザツなものがありますた。

 

でも、ちょっとばかりの経験上即座にわかったことを覚え書いとくと

アインゼッツェンは唇の厚さが中庸以下の奏者にとっては諸刃の剣で上下唇のバランスによって高音または低音専業に
特化できるが
双方を繋ぐ橋を架けるのは常人にとっては至難でありデニス・ブレインのような天才は恐らく骨格的な
アドバンテージがあったはず。
なぜならば、高音に寄せると低音のための下唇の振動が著しく制限され、低音に寄せて
しまうと口輪筋がカップ内に入れられず全く
コントロールができない。

 

以上、現時点での仮説。

 

むー。
知恵熱出てハゲそう。誰か教えてくりゃれ。

THE・覚え書き

思うところあって…
ってか、ハッキリ言うと食い込みが強すぎてキツくなってきたので
リムトップのハイリングの位置をできるだけ変えないようにRをなだらかにして
インナーエッジのRを僅かに大きくして起点をインに移してみました。

 

前のがコレ↓

その前のがコレね↓

 ついでにアウターのサテン風部分はやっぱり磨きをかけてみたです。
(これは酸化銀の皮膜を落としただけだからこの面積じゃ何も変わんないっす) 

 こうやってみていくと だんだんリムの表情が柔らかくなっていってるね。

覚え書きは大事なのかも知れない。しかもこうやってオープンにするとちゃんと写真も撮るしね。

 

 

ってことで
ネット上をフラフラしてて拾った なんだかとっても大事そうなことをメモ。
ただ、LINK先メモってなくてもっと反芻できたかもしれないのが残念。

頸椎は全部で7つありますが、 その中でも重要なのが上部の第1頸椎と第2頸椎です。
脊柱の中でこの2つの骨の間にだけは椎間板が存在しないため、
自由で大きな関節運動が可能であり、同時に首を自在に動かすことができます。

 役者さんじゃないんだから見得を切るわけじゃないわけで
大事なのは肩をすくめるような緊張をここから排除することで
それに意識を持っていくだけで鼻腔からの吸気がものすげえ楽になるのがフシギ。

 

ってかまあ そういうもんなんだろう。

「第1頸椎と第2頸椎の間」ってのは両耳を結んだ中心あたりにあるんだってよ。


そしたら背中の使い方なのかなぁ?

 

 

ははは。

YAMAHA 13D4 Customized Part 2 &More

昨日のことだけど、
クラークやマジオやコーリンをさらってて「あれ?なんか吹きやすいぞ?」と思って
ふとマウスピースをみると13D4(改)のはずが7B4(改)が付いてたのよ。
ちょっと変えて試してみて休憩したあとにナゼか気づかずに吹いてたみたいでさ。

んで、急に吹きやすく思ったのは最低音域でマウスピースのあて方を上唇にグリップさせるように変えてみたとき。

でも13D4(改)でこのあて方にするとなんだか全然ダメ。
あとでわかったんだけど このリムはフラットすぎて内エッジに適当な密着を保とうとすると
外エッジにプレスがかかりすぎて音がひっくり返り気味になって安定しない。

試しに1-1/2C(改)で同じようなあて方で吹いてみるとやっぱりなんだか吹きやすい。

そしたら再加工するしかないって事で
まず内エッジを少し丸くして吹いてみると多少似てきたがまだうまくいかない。

次に、このときは外エッジの形状だと気づいてないのでハイリングを外側に移したら大失敗。

しかたがないのでハイリングをもとに戻して外エッジを少しづつ削っていったらBINGO!

で、こんな感じ(↓)になったので覚え書き。

前のがコレ↓

 

Schilke 5A4に少し似てるよね。
 

 

内エッジも少し丸めに。

前のがコレ↓

 

 

ハイリングの位置を一度失敗してるから少しだけ浅くなってるはずだけど
リムのお陰でLowはしっかり出るので結果オーライ。
すげえ浅くなったように見えるのはニードルピンセットを使ってスロート部分も
メッキをかけたためで実際は0.1mm浅くなったかどうかだと思う。

前のがコレ↓

 

 

で、さらに、このマウスピースを使って上記のあて方で最低音域を吹いてみて
目からウロコだったのがMAGGIOの言う「鼻の下からマウスピースを滑らせてセットする」
ってのが ただのオマジナイや儀式なんかじゃなかったってこと。

下唇は顎という大きな筋肉に支えられた可動部によって自発的に上唇に近づけるけど
上唇をその周辺の小さな筋肉群を使って下唇に近づけようとするのは筋力的にも持久力的にも
下唇のそれとあまりにもバランスが取れない。

そこで上唇を内エッジに引っ掛けて楽器の重さなどに上下唇の正しいクリアランスを保つための力を負担させて均衡を図る
ということを様式化したもので、この表現だと10歳のガキに理解させるために説明する必要はない。

しかしコレをドライリップでやると上唇が適度に逃げないので 恐らく力加減が非常に難しい。
憶測だけど この理由でLOUIS MAGGIOはウエットリップを強制したのかもしれない。
たぶん事故に遭う前の元々のセッティングもウエットリップだったと思うけど。

まあ、Trbでは上唇とリムエッジまでの距離が大きいのでTrpやHrnほどは気にしなくてもいいのかもしれない。

何よりこのスタイルだと舌が楽になってシャルリエやコープラッシュなんかのエチュードが
なんだかメッチャ吹きやすくなるんだよね。

 

そう、あとね、
こないだマウスパイプ側の延べ座のストレスのことが久びさに話題にのぼったんで、
キツくなるので使ってなかった、本来レシーバーの入り口の六角部分に装着するように
自分で削り出したレシーバーリングをのことを思い出してなんとなく半ばチカラワザで
延べ座のところまでズラして互いをガッチリ密着させてみました。

この楽器はカナダの楽器屋の保証書がついてるものを中古で買ったもので輸入品じゃないから組み立てにはあまり疑問を持ってなかったんだけど まあそりゃもぉあーたビックリするぐらい変わりましたですよ!

この楽器もバラして組み直せれば
もっと良くなるんだろうなぁ。。。

 

 

 

☆・☆・☆

 

 

おとといグチにかまけて書き忘れてたけど、
錦糸町の検察庁近くでかなりひさびさに美味いと思えるラーメンにありつけました。


 超濃厚牡蠣出汁スープの「麺や佐市」ってところのラーメンです♪

写真の「佐市麺(¥1,150)」は牡蠣2ケとローストビーフみたいなチャーシューと味玉入りのスペシャルなヤツです。
難を言えば牡蠣が少しだけ出がらし感があって60点だったんだけど、それ以外はかなりのクオリティでございました。
特にカイワレと刻み海苔が濃厚なスープをまとって麺に絡みつくあたりは計算されててGood!

次に行くことがあったら「らぁ麺(¥900)」に「肉1枚(¥150)」と「味玉(¥100)」のトッピングかな。





ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

新着画像

New Entry

はぁい♪
2017/12/05 04:45
Jupiter Trombone
2017/11/15 05:07
お久しぶりでございます
2017/11/08 06:04
終戦の日 2017
2017/08/15 12:00
広島原爆の日 2017
2017/08/06 08:15

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード