“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2017/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

アンカーグリップとゼッツェン問題・・Ver.0.2.2.3alfa

なんだかわかってきたぞ

 

  1. 恐らく狭義では、いや広義なのかもしれないが唇の肌色と赤のキワの口輪筋の縁の盛り上がりがリムトップよりも内側にあればアンゼッツェン、リムトップを外側から包むとアインゼッツェンと仮定する。

  2. その際に唇がとても厚い もしくは極めてナローなリムの場合、赤いところがリムの下から見えたりするがそれは大きな違いではなく決定的な違いは上記(1.)

  3. よほど下唇の厚さがないとTrombone以上のリム口径のマウスピースを持つ楽器では自然な形では不可能で、たとえ下唇を大きくめくってリムをセッティングしたとしても内側から口輪筋がリムトップの内側に入ってしまい不自然極まりないアンゼッツェンとなる。

  4. 逆にTrumpet、Horn近似の大きさのリムの楽器で上記(1.)での仮定のアインゼッツェンでセットした場合リムトップが下側の口輪筋のサポートとなり持久力が飛躍的に向上する。

  5. 重要】リムトップと「赤のキワ」を意識してセッティングすることによって少なくともウエットリップのアンブシュアはドライにシフトできる。

  6. (1.)での仮定のアインゼッツェンでは下唇はアパチュアの「握り込み」に参加するすべがないので俯瞰的なピッチコントロールができる。

  7. 同、(1.)での仮定のアンゼッツェンよりもストリームコントロールが角度変化が少なくてすむため この点でも耐久力の向上を見込むことができる。

  8. 同、(1.)での仮定のアンゼッツェンよりもカップ内への下唇の干渉が少ないためカップ容積の「唇の入り込み」による減少を抑えることと、カップへの干渉が上唇に限定されることによって不確定要素が減少し、意図した結果を得やすい。(カルマン渦)

  9. いわゆる「アンカーグリップリム」は恐らく(2.)の場合を除いて必要ない。

  10. うーん、あと、、etc...

 

「あれ?なんかイイじゃんイイじゃん」
で今日が終わってしまったため検証含め明日以降に持ち越し。

ってか、ドライでTrp吹いた後にTrbが何故かウエットでいつもみたく普通に吹けたんだよな・・・

すげぇ調子イイ感じでもなかったからわけわからん。

だから今日もαVer.

 

上手になれますように。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://j-chin.music.coocan.jp/diary/index.php/trackback/364

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着画像

New Entry

はぁい♪
2017/12/05 04:45
Jupiter Trombone
2017/11/15 05:07
お久しぶりでございます
2017/11/08 06:04
終戦の日 2017
2017/08/15 12:00
広島原爆の日 2017
2017/08/06 08:15

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード