“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2018/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

カテゴリー「原爆の日、終戦の日」の検索結果は以下のとおりです。

終戦の日2018

今年の終戦の日の記事は10月になっても書けませんでした。

原因と思われるのはアニメの「この世界の片隅に」を観たことです。

ドラマ化されたそうだけどそっちは観てません。

 これはとてもよく作られた作品だと思うけど、
オレが広島にいた頃は原爆の語り部の方がたはまだ相当数ご存命だったので
いろんな機会に、それ以上にガキの頃に悪さしてそこらの爺ちゃんに捕まった時には、
失礼な表現ですがこのテの話はゴマンと聞かされました。

 なので このお話自体が どうしようもなく色々に考えを取り留めなくさせた訳ではなく
過去のNHKスペシャルの原爆投下候補地選定についての動画を観たことや、
かなりの数のヒトラーやナチスについての動画や、延いては神話時代の各国の軍の在り方や
兵法、兵術、関連してそれにヒントを得た経営や経済の戦略、これらの哲学的に見た
実在論との関連性なんかを観たり調べたり考えたりしていると どんどん訳が分からなくなり
自分の頭の悪さを痛切に実感するばかりでした。

 そもそも神代の昔から戦争によって領土を拡大してきた歴史があるわけですが
集落が村となり町となり領主が生まれ国へと規模を拡大すべき理由は自らの維持と補完だったはずです。
この二つは恐らくほぼ同時発生し、良い鉱山や採石場を持つ古代の「くに」は人が集まり
繁栄はするでしょうが他の領主の領土補完の標的になるでしょう。
標的となった領主は当然これを守らなければならないので戦争になります。
攻め込む場合「くに」の規模が小さかった頃は満場一致で開始されたかも知れませんが
少数の反対者は黙殺されたことでしょう。
また、多くの女性は反対したでしょうから この頃から女性の参政権が奪われていったのかも知れません。

 そして貨幣が発明され力を持つ者に集まりました。
しかし中世以降、権力者よりも多くの財力を持つ者が現れはじめ権力と財力の関係が逆転しました。
資本主義が自然発生的に始まり国家とは別に財力を持つ者の下に人は集まります。

 基本的に資本家はその資本を増やすことが行動規範であり、そこに集う人々も
自己の資本を増やすために拠り所とする大資本家の財力を増大させるために尽くします。

 大資本家たちは税という上納金を個人で国家に支払いつつ、法人という これを安くあげるシステムを認めさせました。
事業者が資本家から資金を集め大金のかかる事業を行いました。
当初はハイリスク・ハイリターンであった貿易航海だったようですが、
投資家はこの投資分の税から逃れることができ、別の投資家が経営する事業を行う法人も
利益が確定するまで税を支払う必要はありません。
そして法人利益は別の事業にこれまでの利益を投資し続ける限り確定しません。
これにより法人経営者たる資本家は事業を維持するための人材として法人が雇用している
社長という役職の社員である自分に対して小さすぎない額の人件費を投資することで
資本家自身の行う事業として利益を得た場合と比較すると大きな節税が可能になります。

 最も安全かつ確実に資本を増やす方法の一つとして挙げられるのは国家への貸付です。
あまり知られていないようですが日本も日露戦争のときに海外の資本家や”銀行”という法人に
主に国債というかたちで膨大な借入をしていました。
完済したのは実に82年後の昭和61年だったそうです。

 また一方では戦争時における軍需産業も莫大な利益を生み出します。
ロッキード社が生産しているF35戦闘機は現在約280機が生産されており価格は80〜130億円で
アメリカはこれを2400機以上導入することを決めています。
なんと19兆2千億円です。
そしてアメリカには予備役軍人を含めると280万人以上の兵士がおり、その全てに少なくとも
ピストルとライフルが支給されておりそれぞれ25,000円、65,000円以上します。
弾丸は20〜550円ですがこれを200〜400個携行するそうです。
銃と弾丸だけで計算して2520〜2540億円が使われています。

 資本家は資本を増やすことが行動原理なのですから倫理などは別の所にあります。
自分や自分達の資本という「力」を守るため、他の資本家に奪われないため、
または、その力関係を優位にするためや少なくともそれを変えないために
資本を運用してそれを増やそうとします。

 戦争が儲かるなら喜んで参入し、またはそこに食い込もうとします。
そこに迷いなど そもそも無いのです。

 軍隊という組織は自国の防衛と外交時の切り札のために存在します。
外交時の切り札というのは相手国に自国の要求が受け入れられない場合に使われる相手国への圧力のことを言い、
同様のものに海峡または海峡運河の封鎖や関税や相手国への輸出禁止などの経済制裁などがあり、軍隊の場合は当然軍事力による武力制裁です。

 現代において国際法に則り宣戦布告をともなっての いわゆる「正式な戦争」は国際非難を浴びるためほぼ皆無です。
しかし相手国の外交上の失言を事実上の宣戦布告などと あえて曲解しカードを切る口実として攻撃を仕掛けています。
理由は明白で、戦争がなくなると何処かの誰かの利益が減少するからです。

シリアもアフガニスタンもアイルランド開放もIRも北朝鮮もパレスチナも全部、全部がそうです。

思いを言葉を選ばずに述べると「エゴイストのクズどもめ、死ねばいい」となります。
が、零細中の零細企業ながらも法人経営者として歩み始めた自分としては「そういうものだ」と思うしかない部分があるのです。

別にオレは何者でもなく、「四十にして惑わず、五十にして天命を知る」ことなど雰囲気すらわからなかった半生だけど、
このことについては一生考えていかなければいけないと改めて感じた五十の歳の終戦の日でした。

 

広島原爆の日2018

今から73年前、1945(昭和20年)の今日、8月6日に
私の故郷である広島市へ核爆弾が投下されました。

一瞬にして十余人の命が絶たれ、その後も何万人もが亡くなり
現在でさえもその影響が残っていると言われています。

志半ばに命を絶たれた方々に心よりご冥福をお祈りいたします。

私が18際まで過ごした広島市では小学校2〜3年から「平和教育」というのが行われていました。
恐らく現在でもそうだと思いますが、ここで相当に詳しく原爆の被害について学ばされるのです。
特に以前の原爆資料館の見学記憶ではクラスの半数近くが恐ろしさに泣いてしまっていたように思います。
現在の同資料館は数年前の要らぬ投書によって随分とオブラートに包まれたものになってしまっていますが当時、
それはそれは衝撃的なものでした。

こうして育った私にとっては原爆投下に伴って引き起こされたいくつかの出来事は誰もが知っている事柄だと思っていたのですが、それは単なる思い込みで他府県に育った特に若い方々にとっては聞いたこともない事かもしれないので今年はその中でも有名な映画にもなった「黒い雨」に代表される二次被曝のことについて書いてみようと思います。

当然、私自身が見たことはありませんが原爆投下から数十分後に放射性物質を多く含んだ黒い雨が降ったといいます。
広島市北西部の己斐(こい)地区辺りは三方を山に囲まれた地区で、急激に熱された空気と上空の風の影響により雨雲がここに発生したのだそうです。
この雨には0.1〜数シーベルトの放射線が含まれていたと考えられこの雨に直接触れた方達は皆原爆症を発症したと言われています。
福島の原発事故を軽んじるわけでは決してありませんがこの事故に伴う報道でよく耳にしたマイクロシーベルトというのはシーベルトの百万分の1を表す単位です。

また、爆心地周辺の直接の倒壊を免れた地域の多くの方々が爆心地周辺に救助や手伝いに向かわれたのですが、これらの方々も0.1〜0.2シーベルトもの放射線を含んだ粉塵や灰を吸い込んだことにより原爆症になったそうです。
ここに原爆症の方の写真を載せることは私にはとてもできませんのでご覧になりたい方は画像検索してください。
簡潔にいうと細胞分裂がうまくいかなくなり短期では血液や精子や卵子やリンパなどが作れなくなったり中長期ではコピーミスが起こってガン細胞化しやすくなってしまったということです。

実際のとある方のお話では市内の親戚の様子を見に行ったお父様がその晩には髪が抜けて倒れ、翌日には身体中に斑点ができて身体中の穴から出血して亡くなった、といったものだったそうです。

爆発によって直接亡くなった方々の他にもこうして亡くなった方々の方が同じくらいおられます。

どうにもやりきれない気持ちになります。

 

----------

 

連合国の原爆開発計画であった「マンハッタン計画」の責任者レズリー・クローヴスには
『計画が頓挫したら戦後、議会からひどく責められ責任を取らされるだろう』
という予測があったらしく計画責任者として是が非でもなんとかしなければいけないという事情は分からなくはない。
というか、誤解を恐れずに言えば「仕方なかった」という言い訳に一分の理を汲み取れる程には大人になってしまった。
連合国の政府側も戦勝ムードに調子に乗って適当にゴーサインを出してしまった計画を重大性を再検証せずに放って置いてしまったのもなんとなくわかってしまう自分がいる。

ただ、なんとなく思うのは今現在、
街でガムの吐き捨てやタバコのポイ捨てはほぼ見なくなった気がするし、80年代には駅や地下街の通路の隅で見かけた痰壷なんか見かけなくなった。
痰壷なんて昔はそこら中に痰吐く人が実際にいたから「せめてここに吐いて」って置いてあったわけで今は誰もそんなことはしないから民度は確実に上がってるんだよね。

そこに光明があるのかも知れない。

ただ、誰のせいでもないのだとしても肉親を目の前で焼き殺された人や、泣きじゃくる幼子を目の前に息絶えた人がいたのは間違いない事で、これはちっとも仕方なくない。

 

 

8/8加筆訂正

終戦の日 2017

72年前の今日、8月15日正午に、
昭和天皇の御自らのラジオ放送をもって大東亜戦争(第二次世界大戦)に
無条件降伏というかたちで完全に終止符が打たれました。

この戦争では世界中で数千万もの方々が全くもって無為な、
残志残魂甚だしい犠牲を強いられました。

そのご無念の程には ご冥福などありえないかもしれませんが、
せめて私たちは目を閉じ黙祷しましょう。

過去に戻ることなどできないのですから。

  

今年は特攻隊員さんのことを皆さんに知っていただこうと思って準備していたのですが、
TV東京のある番組でしっかりと取り上げていたので違法アップロードと分かったうえで
この番組へのリンクを貼らせていただきます。

 

 

毎年紹介させて頂いている

 ですが、

今回はこのうたに くどいほど噛み砕いた現代語への自慰的意訳を
添えさせていただこうと思います。

君死にたまふこと勿れ
旅順口包囲軍のなかにある弟を嘆きて
与謝野晶子

ああをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや

堺の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて 
親の名を継ぐ君なれば 
君しにたまふことなかれ。 
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても何事ぞ、 
君は知らじなあきびとの 
家のおきてになかりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは戦ひに 
おほみづからは出でまさね 
かたみに人の血を流し、 
獣の道に死ねよとは 
死ぬるを人のほまれとは、 
大みこころの深ければ 
もとよりいかで思されむ。

ああをとうとよ戦ひに
君死にたまふことなかれ。 
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは 
なげきの中にいたましく 
わが子を召され、家を守り、 
安しと聞ける大御代も 
母のしろ髪はまさりぬる。

暖廉のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻を、 
君わするや 思へるや、
十月も添はでわかれたる 
少女ごころを思ひみよ、
ああまた誰をたのむべき
君死にたまふことなかれ。

一家の長男として家督を継ぐべく生を受けた愛しいおとうとよ、おまえを思うと涙が溢れてきます。

どうか、どうか死んだりしないで下さい。

末っ子で長男だから父さん母さんにいちばん可愛がられていたおまえ。

父さんや母さんはおまえに刃物を渡して、人殺をしろなんて言ってませんよね?

ひとを殺めておまえも死ねだなんておしえながら、苦労を重ねて24になるまで育てるわけがないじゃないね。

堺のまちの商人あきんど衆の中でも歴史を誇る一家のあるじとして父の名を継ぐのはおまえなんだからそれを肝に銘じて、絶対に死んではだめ。

 

戦地の旅順がどうなったかなんてどうでもいいこと。

そんなこと気にしろなんて 父さんから習ったご先祖の訓えにはないことぐらい長男のおまえは知ってるでしょう。

お願いだから死なないで。

 

天皇陛下がご自分が戦地に赴けないからって陛下の代わりに人を殺め、人でなしとして死ねだなんて、

そうやって死ぬことが名誉なことだなんて、あんなに深いお心をお持ちの陛下が本当にお思いになっているわけがないじゃない。

あなたは私の弟なのよ、どうか私のことも思って戦地で死んだりしないで。

 

この間の秋に父さんが亡くなったばかりなのに、そして母さんはその悲しみも冷めないうちに おまえまで兵隊に召集されたのに、痛々しくも気丈に家を守っておいでです。

安泰だって聞かされてる(ぬかしてる)今上陛下の治世だけど気苦労で増えた母さんの白髪のほうがよっぽどです。

 

あとね、忘れるほうがどうかしてると思うけど、おまえは嫁とは10ヶ月足らずしか一緒にいられなかったんだよ。若くて か弱いあの子は店に出てる時も隠れて泣いてるんだからね。

ああ、もうどうすればいいの。

お願いだから死なないで。

広島原爆の日 2017

72年前の今日 八月六日は、

広島市に世界で初めて核爆弾が投下され20万人もが殺された日です。

 

個人でできることなんて皆無に等しい問題です。

このページを開いてくださった方にお願いします。

一秒で十分なので黙祷をいただきたいと思います。

TVがついてたって作業の途中だって構いません。

志半ばで奪われた いのちの無念を想ってください。

 

例年と同じようなことを書いてしまって恐縮ですが、

肉親が、父母や兄弟姉妹、祖父母や幼馴染が

瓦礫と化した家屋に埋もれて目の前で焼けてゆくことや、

爆風で焼けた皮膚があごから垂れ下がっている姿を、

お願いです、想像してみてください。

 

戦争では父や兄弟が彼らの意思と関係なく人殺しを強要されます。

そしてその相手もまた誰かの父や兄弟であることは言うまでもありません。

いま現在もその不毛としか表現のしようがないことがあちこちで起こっています。 

ゲリラ戦、テロリスト戦などでは厳しい訓練を受けた兵隊さんだけでなく、

すべての人が抵抗するすべもないまま殺されてしまいます。

 

ほんとうは愚かしいことだと分かっているのに。

 

 

終戦の日 2016

太平洋戦争が終わって71年、日本は一度も戦争の当事国にはなっていません。

これは素晴らしいことだとは思います。

ただし、朝鮮やベトナムやその他の戦争、紛争の軍需を担うことによって間接的に参加はしましたし、現在も日本製のクルマやバイク、スコープやレーダーが恐らくどこかで使われています。

しかしこれらを作っているメーカーを非難するのは作物が兵糧となりうることに対して農業を非難することと同等に全くのお門違いで、たとえ銃器や兵器のメーカーであっても一方的に悪とはいえない部分もあると思います。

 

特攻隊機「桜花」や人間魚雷「回天」は戦争の狂気に洗脳された前線の士官等によって発案設計された(回天の場合。桜花は多少複雑)ものですが、このことすらけっして手放しに責められるものではないとオレは思います。だって何度も死にそうになったり同僚が死んだり部下を死なせてしまったりしておかしくなっちゃってるんですから。

当然、製造も勤労奉仕をされていた人々が主となっていたはずなので責めを負うものではないことは明らかです。

 

広島の三原市にいらっしゃる ある方は終戦直後、被爆者の救護にあたっている中で残留放射能によって被爆されたそうです。しかし戦時中は広島の大久野島の軍需工場で何も知らされず毒ガスの製造をしていたことに心を傷めていらっしゃるそうです。

 

もう、なんともいえません。

広島原爆の日 2016

広島市に原爆が落とされて今年で71年が経ちました。

今年は米大統領が広島を訪れるという大進展がありましたね。

これは70余年が経ったとはいえ素晴らしいことだと思います。

欧米の人は賠償を恐れて不用意に謝罪をしませんが我々は、

少なくともオレにとっては謝罪と賠償は直結するものではないと思っています。

だからといって謝罪がなかったと憤るものではなく、国家元首たる大統領が

もしも多少の売名目的が含まれていたにせよ、恐らくもっと大きなリスクと「慎重に」

などという反対意見を圧して被爆地のひとつに訪れるという行為自体に幾ばくか以上の

「含まれたもの」を感じるとるだけのメンタリティは、こんな「察せない」オレでも

持ち合わせているわけで、多くの真っ当な人たちにはもっときちんと伝わっていると思います。

 

ただ、忘れてはいけないのは無念の死を被った方々の遺志を自分なりの方法で継ぐということで

そのために自分にできることは何かを知ることだと思います。

 

「大きな何か」ができる人はごく一握りで、

オレなんかはせめて「全力で生きる」ことに努めようと思います。

 

 

終戦の日 2015

今日は終戦の日です。

70年という区切りの年であるためか例年よりも特別番組や報道記事が多いような気がしますね。

戦地で、前線で明らかな殺意を持って向かってくる銃弾に晒されながら自らもそれに報復するという極限の状況下では理性や道徳や矜持は簡単に崩壊するでしょう。

略奪や強姦や虐殺が起こってしまったとしても仕方のないことだと思います。

一人が狂っているのではなく数百人数千人の狂集団が出来上がってしまう戦争という状態が悪なのであって勝利国であろうが敗戦国であろうが全く関係なく反省と謝罪をするべきです

こんな当たり前のことは偉い人達もわかってるんでしょうがどんな難しい問題があるのか知りませんが当たり前に物事が進んでいきませんね。

君死にたまふこと勿れ

旅順口包囲軍のなかにある弟を嘆きて

与謝野晶子

ああをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや

堺の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば
君しにたまふことなかれ。
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても何事ぞ、
君は知らじなあきびとの
家のおきてになかりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは戦ひに
おほみづからは出でまさね
かたみに人の血を流し、
獣の道に死ねよとは
死ぬるを人のほまれとは、
大みこころの深ければ
もとよりいかで思されむ。

ああをとうとよ戦ひに
君死にたまふことなかれ。
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは
なげきの中にいたましく
わが子を召され、家を守り、
安しと聞ける大御代も
母のしろ髪はまさりぬる。

暖廉のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻を、
君わするや 思へるや、
十月も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
ああまた誰をたのむべき
君死にたまふことなかれ。

例年はオレの駄文がじゃまになると思って別ページヘのリンクを貼っているのですが今年は書き出してみました。

邪魔だぜって人は↓こちらでどうぞ。

 

政治に感情は持ち込んじゃいけないのかもしれないけど、

少なくともオレたちは日本中にこんなひとたちがいた事実を、そしてこの「をとうと」さんも狂気の渦に巻き込まれていたかもしれないことをわかっておかなければいけないと思います。

広島原爆の日 2015

広島市に原子爆弾が落とされて今日で70年が経ちました。

被爆者の方々の名簿からも去年から五千名が鬼籍に入られたのだそうです。

ご存命の方もお元気な方ばかりとは限らないお歳でしょうから もはや実体験をお聞きできる機会は非常に限られた貴重なものになってしまいました。

オレがガキの頃はそんな方々はそこここにおられ、なにかにつけて当時のことを引き合いに出してくる彼らを不敬にもすこし疎ましく思ったことすらありました。

ガキにとってはやかましかった当時40〜50代であっただろうと思われる近所のおっちゃんたちも もはやご存命の方のほうが少ないかもしれないだろうということに月日の流れの早さを感じます。

 

 70年前に日本が戦争に負けたことや そのきっかけとして核兵器が戦争当該国であるこの日本の国土に落とされたことがあることを知らないという若い人たちのことをメディアで報じていたりします。しかしあれはメディアの煽りであり、ふらついた連中1000人に訊けば何人かはいるのでしょうがそんな阿呆だらけではけっしてないと思います。

しかし知識として引き出しにあることと感情を持って想ったことがあるかでは雲泥の開きがあります。

即死者8万人、総犠牲者20万人といわれても、われわれは数字では実感できません。

 

身を置き換えて想ってください。

父母、がきょうだいが目の前で焼かれているのに力が足りないのです。

さっき目が覚めたばかりの自宅が豪炎を伴って家族を下敷きにしているのに助けられない。

そればかりでなく振り返ると自分の後ろの炎は目の前まで迫っていて そこに留まることは自らも炎に包まれてしまうことを意味するのです。

きょうだいは「熱い熱い」と助けを求めますが父母は身を焼かれているにもかかわらず逃げろと言います。

 

何万人もがそんな目にあわされたのが70年前の今日です。

 

原爆詩集 峠三吉

終戦の日

今日は終戦の日です。

志半ばに戦没された御霊の無念を想いましょう。

出征して亡くなった人たちの大半は「神風が吹いて〜」なんて信じ込まされてされて、いわば騙されて、国のためなら死んでも本望などと自分すら騙して亡くなってるんだから心中察するに余りあるよね。

まあ、どれだけ自分を騙しても死ぬのが怖くない筈はないと思うしましてや嫌でないわけはない。家族を想わないわけもないしね。

戦時を子供時代に過ごした昔一緒にやってた大ベテランのBassの人が 確かに本気で神風を信じてたって言ってて、まあそれは洗脳だから仕方ないことなんだけど、何ともいえない気持ちになったのを思い出す。

実際に戦地に行ってた人はどれぐらい信じてたんだろうね。全ての兵隊さんがずっと信じ続けられたわけでは決してない筈で、そんな死に際に何を思うんだろう。もう一度自分を騙すのかねぇ…。

 

広島原爆の日

今日は69年前に広島市に原爆が落とされた日です。

オレの初めての原爆についての記憶は今思い出す限りでは小学校二年生の時に「はだしのゲン」を母に買ってもらって、いや買ってくれと頼んだ記憶はないから母が勝手に買ってきて目に付くように茶の間に置いたのだと思うがそれを読んで生まれて初めてメディアによる刺激で泣いてしまったことのように思う。

物語中での日本軍の蛮行などが問題視されて学校の図書館からの撤去要請が13もの自治体でで出ているらしいのはまったくもってバカバカしいことだけど、まあ、実際にそうなることはないだろうね。

何が問題だってぬかしてるかっていうと、国家や天皇に対して誤解を招く、とか、中国、朝鮮にいかに酷いことをしたかが書かれすぎているとか、そんなことらしい。

確かに言ってる事は分かるっていうか、実際オレも天皇は悪者で日本軍は最低だと思ってたけどそんなことは、その面だけを見ていてはいけないって云うことは大人になれば分かるわけで、ごく一部のイタい人たちの刹那的でヒステリックな行動であっただけだよね。

その証拠に結局閲覧制限や撤去されたところってまた戻してるみたいじゃん。

撤去って言えば原爆資料館の人形は本当に撤去しちゃったみたいね。

まあ、あれは作り物だし展示の継続を求める意見に対しての広島市の公式回答での「被爆者の声には『こんな程度ではなくもっと悲惨だった』という意見もあり展示していたものでは実際の被害よりも軽い印象を与えてしまう危惧もある」というのもまあ分かるかな。実際、遺体は親子でも分かんなかったっていうもんね。人形どこに発注するかって問題もあるだろうし確かに幼稚だっちゃぁそうかもだしね。そういえばオレはあれはそんなに怖くなかったなぁ。

そんなことよりヤバいのは今日が何の日か知らないガキがどうやら山ほど居るらしいって事だよね。印象づくように教えてないってコトだもんね。高校生や大学生にも居るらしいよ。こういうのを世も末っていうんだよ。

広島に原爆を落としたエノラ・ゲイの乗組員の最後の一人が7月の28日に亡くなったんだってね。軍人らしく「自分は正しかった」とポール・ティベッツ機長以下他の乗組員と同様に語っていたらしいけど数年前には「第二次世界大戦でのすべての経験は戦争と爆弾は何も解決しないと教えてくれた」って複雑な思いをインタビューで答えてたそうです。

この爆弾は被曝の急性期が収束するこの年の12月の時点で14万人の人々を殺しました。お母さんや娘や弟や友達が殺されたんです。その無念に想像は遥かに及びません。数年に一度でもいいので話題にすればそれは本当の追悼となるでしょう。

 

毎度のことだけどこれを読んで下さい。

 

 
 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

新着画像

New Entry

お詫び m(_^_)m
2018/11/13 03:45
納品完了!!
2018/11/07 20:42
「J's Slide Lubricant」発売日決定!?
2018/10/30 05:02
楽器フェア2018♪
2018/10/20 05:00
緊急告知‼︎
2018/10/03 15:51

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード