“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2018/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

カテゴリー「原爆の日、終戦の日」の検索結果は以下のとおりです。

広島原爆の日(2008)

42-1.gif

今日は広島原爆の日です。
63年前の今日の8時16分に落とされたクソな爆弾のせいで亡くなった
20万人の無念の為に1分とは言わない、まばたきよりも
少しだけ長い時間でいいので目を閉じてみて下さい。

まあ、
毎年この時期こんな事を開設以来書いてるけど
原爆投下って63年前の事じゃん。
オレが生まれる23年前。

で、ふと思うのが
オレが最後に記念式典に出たのが確か22年前なのよ。
その記憶は当然新鮮なものじゃないけどその頃の心情も含めて
かなり思い出せるわけ。浪人時代の18の頃の事。

あっつい中おにぎりとジュースぐらいで
何度もリハやって当日は朝6時くらいに機動隊と右翼の合間をかいくぐって
着いたらすぐゲネやって・・みたいなさ。
あと
中学生くらいの時はTVに出るってだけでなんか嬉しかったけど・・
とかさ。

けっこう覚えてるもんなんだよね。
ってことはオレが生まれた頃なんて原爆の記憶はかなり生々しいものだったんだろうね。
そういえば学生時代お盆に帰省した時に路面電車の車内で知り合いでもなさそうな
おじいちゃん二人が「あんときゃーねぇ」なんて当時の話をしてたのを
聞いた事があるんだけど40年経ってもやっぱ覚えてたんだろうね。

wiki観てたら
今まで書いた事とかに結構記憶ちがいってか、
間違いがある事が判明してしまいました。

まず、ポール・ティベッツ大佐はエノラ・ゲイに乗って
実際に原爆を投下した人だとばかり思ってたら、出撃命令の責任者で
出撃後、自動投下だったらしい。

大佐が乗組むなんてよっぽど力の入った作戦だったんだろうな
とか思ってたら違ってました。

あと、ジョン・ハーシー の『ヒロシマ』って
谷本 清って人の体験が基になってるらしいんだけど
この谷本 清さんてのがオレの行ったカトリックの教会付属幼稚園の園長先生。
その絡みで「15カ月間に渡り31州256都市で広島の惨状を訴える講演活動を行う」
なんてことをやった偉い先生だったらしい。

怖いイメージしか覚えてないけど
いい話とか実はいっぱい聞いたんだろうなぁ。

長いけど結構イロイロ書いてあるからリンクしときます。

wiki-広島市への原子爆弾投下

あとこれも。

君死にたまふこと勿れ
 

wikiみれば書いてあるけど
この時亡くなった中には捕虜の米兵も十数名いたんだって。
遺族はどう思っただろうね。

2007 終戦の日

 終戦の日.2007

今日は終戦の日です。
やっぱり戦争は勝とうが負けようが間違いなく悪いことです。
政治的なことは良くわかりませんが、あたり前のことです。

なぜならばって、いうまでもないけど人が死ぬからです。

ただねー、この歳になったからか、わかんないけど、
世界貿易センターのテロをうけてアメリカがイラクへ報復するのは
やっぱりアメリカ的には正義の全うだよね。
オレがもしアメリカ人であのテロの被害者の家族だったらぜってーやってもらいたいもん、たぶん。
もしかしたら、軍に受け入れてもらえる年齢だったら志願するかも知れない。

そんなの最悪の循環だとはわかってるけど仇は討ちたいはずだと思う。
子供もいないくせに家族を語るのもおこがましいかも知れないけどさ。

ってか、
家族のためにならそれが必要とあらばどんなキタナイ事や
どんな卑しい腰抜けな振舞いもできる気がする。
オレはやっぱり男だからそう思うのかな。

の与謝野晶子なんかは女の人だし、
まあきっと人間のデキも違うんだろうから、
そうは思わないのかも知れない。

まあでも、あのテロはどう考えても救いようのないダメダメなことだよね。

深く勉強したわけではないけど、また、前にも書いたかもだけどイスラム教徒はすべてのことは
「アッラーの思し召し」で、今日台所で皿が割れてしまったことも「アッラーの思し召し」で
運命として最初から決まっていたことになるんだそうです。

でもそしたら、あのテロだってなんだってそれが正しいことかどうか、
いちかばちかやってみなきゃわかんないって事にならないか?
オレには頭ではわかろうとしても心情的に理解できませんですよ。
だけどそう考える人たちが現にいるって事は事実。
ってことは
国っていうコミュニティがあるかぎり仕方ない事なのかも…

いやいや、仕方なくはないぞ!

大義名分で人が死んじゃあダメだよ。
その看板揚げてるのが死ぬそいつじゃないかぎり、
生殺与奪を行使する権利はその人 本人にしかない。
ってか日本では本人にすらない気がする。

なぜならやはりこの仏教国日本では悲しむ人がいるかぎり死は罪悪の範疇に入るから。
だって賽の河原の子供たちは親より早く死んで親を悲しませた罪で石を積んでるんだよ。
(これは親ごころからの子への戒めなんだろうけどすげえ理不尽だよね)

あー、でもこれをイスラムの人に説明できる自信はないなぁ。

でもイスラム教もキリスト教も聖書(旧約)は同じものらしいんだけどね。
そんなに解釈が違うんだろうか?

こればっかりは直接聞いてみなきゃわかんないか。


スピルバーグの「ターミナル」を
遅ればせながら観たけどすごくいい映画だね。
この人はたぶんすごく母国アメリカが好きなんだろうと思った。
で、システムを批判し人間を讚えてるように思う。
たしか「シンドラーのリスト」もそんな感じだったよね。
徹底的な性善説に基づき必要悪的なものの必要性を悪は悪として否定する。
エンターティンメントとしての予定調和なのかも知れないけどこの考え方は大好きです。
ほとんどの作品がこれだけヒットしてるんだから世界中みんな基本的にはそう考え、
ヴィジュアルとして目にすることによって安心するんだと思うんだけど。

そういえば
どっかの偉い人が子供に「なんで人を殺したらいけないのか」を聞かれて
一瞬答えに窮したという話を聞いたことがありますが、どう答えればいいんだろう?

先人達が理不尽な死をしいられて無念に散った戦争の碑日である今日くらいは、
と思って大人のヨロイでもあるところの客観を脱してこれを改めて
バカなりに考えてみようとすると、

悲しむ人がいるからです。
もし君が誰かに殺されたらお母さんやお父さんは自分が殺されてでも君を
助けられなかったことを毎日毎日死ぬまで後悔し、悲しみ続けます〜

とかになる、が、これじゃダメか。ダメだな。
自分のガキに言うんならこれでいいかもだけど、客観取り戻してみると
みなし子なんて世界中にいっぱいいるもんな。
それに自分のガキだったら悪りいもんは悪りいんだ!って
押し付けて刷り込んじゃったほうがいいもんね。

ってか普遍的な答えはないのかなあ?

宗教に頼るしかないんだろうか?

いやいや、それじゃ振り出しに戻ってますよ。

でもさー、
マザー・テレサなんてどんな激戦の地に行っても
必ず何故か戦火が収まったんだってね。

信じる力?
でもそれじゃ神さんがキリスト教徒だけ えこひいきになっちゃうから違うはず。
意思の力?ユングの云うところの集合的無意識に働きかけて?

オレはキリスト教の神もアラーもブッダも宗教によって呼び名が違うだけで
同じ神だと思ってるのね。で、どれも間違ってはないと思う。

核爆弾の発明を促してしまった物理学者達は今、
重力と電磁力、原子核を結びつけてる「強い力」(これを人の頭上に解き放つと原爆になる)
核に電子をつなぎ止めてる「弱い力」(弱いと言っても重力より強いらしいが)
この4つが根源的には同じものであることを証明したいらしい。

いま3つくらいまで同じものだって証明できてて4つが同じだって証明できたら
その意思の有無は別にして力としての「神」の証明につながるんだって。
何かがかわるはずだから早く証明してもらいたいもんだけど。

とりあえずでもオレは
マザー・テレサが世界中で一番立派な人だったことは間違いないと思う。

んで、ひとごろしがこの世で一番悪いことの1つだって事ぐらいも知ってる。

偉い人や力を行使できる立場にある人たちには
すべての最終的判断を良心だけに委ねて欲しいと切に思う。

誰になにがわかろうが、誰がなにもわかるまいが
やっぱりこれを読んできかせるのが一番手っ取り早いのかな。

2007 広島原爆の日

 広島原爆の日.2007

ってね、
書き始めてはみたけれど 今年は8月5日までくっそ忙しくて
でもなんか書かなきゃ って思ってエディター開いただけなんだよね。

ちょっとこのサイト自体もほっときすぎたね、なぜか数年に1度こうなってしまう。

ああ、ダメだ!ビール取ってこよう。


うん、なんだか少し落ち着いたぞ。

そうそう、ここ観てるかどうかわかんないけど、
ってか、ほっときすぎて観なくなっちゃった人も多いかもしれないけど
8月5日のライヴにご来場いただいた方には多謝でございます。
毎度毎度、あんなに来てもらえたら企画するほうもやり甲斐があるよね。
ホントはもっと大きいハコでやりたいんだけど、なんせメンバーのスケジュールが
ギリギリまで決まんないからその辺がうまくいかないんだよね。
でも一応、次回のNINTH DRIVEのライヴは10月の予定です。


まあ、ほんで原爆の日よ。

実際ビジネスもも少しゴタゴタしてた今年、
ビータで神戸に行ったんでついでに8月3日くらいまで広島の実家にいたりしました。
んで、元来がとても怠け者のオレ@実家は少しだけライヴの予約管理なんかの仕事をして
2,3時間の練習をした以外はイヌ抱いてテレビばっか観てました。

それで気づいたんだけど、この時期NHKって原爆および戦争関連の特番や再放送を
連日やってるんだね。イヤでも目に入るぐらいの頻度で。
だから普段全然テレビ観ないオレなんかの目にも今まで留まってたんだって事がわかりました。
NHKえらい。

オレ宇都宮に来てから全然映画(主にレンタルDVD)を観てなかったんだけど、
なんだか最近また借りるようになって例の硫黄島の日米両作品と
昭和天皇裕仁の終戦を描いた「The Sun」を観ました。
「The Sun」は強力。(表現ヘタでゴメン)
あのエンディングは・・・。
って、濁しちゃったら続けられないんだけど観てない人は聞きたくないだろうから話を変えよう。

映画やドキュメントを観て最近改めて思うのは
やっぱり前線と司令部の乖離(かいり)だよね。
前線は寝てても死ぬかもしれない。司令官は仕事。
まあどちらもオレなんかの100万倍立派な人だろう。
で、手放しで絶対にエライのは、オレなんか問題外でこれを読んでくれてる
どんなあなたよりもエライのは前線に居た人。
こう書くと前線での残虐行為について言う人がいるかもしれないけど、
確かにそれは問題ではあるけど、いわゆる虐殺や強姦等があったときは
部隊にバレると場合によっては粛正(銃殺)にあったり
発狂者として隔離(この場合も実は銃殺)されたらしいよ。

だけど司令官はどうだったんだろうか。
少なくとも立派な人、頭のいい人だって事は間違いないと思う。
国運を預かる仕事だからね、バカに任すバカはそりゃあ居ないさ。
でも戦死の可能性がほぼないんだよね、戦国時代や三国志と違って。
家族に必要以上の心配をかけなくていい状況ってのはその責任の重さを鑑みても
前線の兵士よりはぬるいよね。もしかしたら念頭に戦死の可能性さえなかった
上級将校は米軍には居たのかも知れない。

戦争なんていう特殊な状況下でダンディズム(簡単にいうと『ええカッコしぃ』かなぁ)を
意識しない男は絶対にいないだろうという前提のもとで言えばこの違いは大きいと思うわけよ。

オレが想像するに、前線では、ポジティヴ ネガティヴあるかも知れないけど
現実逃避して「こんな自分に酔って死ぬ」しかない部分は絶対にあると思う。
ってか、そんな気がする。そうじゃなきゃ、オレなら死ななきゃいけない理不尽にヒロイズムを
無理やりにでも見出さなきゃその前に狂っちゃうよ。

でさ、それに対して、現実逃避せずに済むのは指令本部だよね。
こいつらは家族の顔が見えてるぶん自分の保身を含めて逃げ道がある。
だからってどうって訳じゃないよ、組織の命令系統だからね。
浅田次郎曰く「ナポレオン時代に完成された」ものらしいから。


いや、ごめん。
最近文章長いから短くしようと思ってたんだった。

要するに、この「前線と指令部の問題意識の乖離」が・・・

あ”ー!
ごめん。それだけじゃなくてさ、
ってか、そうじゃなくて、生身の兵士の集合体である部隊をあたかも将棋の駒のように
使うしかないわけじゃん、総司令部の司令官ドノはさ。最善の体制を整えるだろうけど。
でも、システムとしてすべてを知る方法はないわけでやっぱり人が死ぬのよ。

戦争は「国権の発動」らしいからある意味、二国間同士の風土風俗で
どうしようもないところもあるらしいんだよね。
反対とか賛成とかと全く関係のないところで。

どうすればいいのかなんて解るはずもなく、もう一杯飲んでオレは寝ることにします。


今思い出したんだけど昭和天皇裕仁さんは御前会議で前線で総指揮に立つといってみたり
2.26の時に激怒したりしたんだってよ。
で、現人神なんてクソ喰らえだけど世界で一番古くまで辿れる家系なんだって。
だから、まあ対外的には ぼちぼちじゃんて実は思ってたりする。
オレが思ったってクソの役にも立たないけど。


あーあ、
少し酔って缶入りタバコの開け口で指が切れちゃった。

2006 終戦の日

 終戦の日.2006

またまたね、
広島原爆の日に続いてずいぶん過ぎてから
この日のことを書いてるわけですが、今年の終戦の日は
いやでも耳に入って来るトピックスが有ったね。
小泉首相の靖国神社公式参拝。

旅先でも耳に入ってきたもん。

前にもなんだかで
この人のことをここで立派だとかなんだか書いたことがあったと思う。
やっぱり終戦の日だったっけかな?違うかも知れないし別の日と両方かも知れない。

内閣総理大臣の肩書きで記帳したんだってね。
例えポーズであっても、ブレーンがそうしろと言ったんだとしても、
これはいいことだと思う。

いや、ってか、本来当たり前のことか。

外国がどうかは知らない。
勝戦国はともかく、ドイツやイタリアやその他の敗戦国の元首が
公式に自国の戦死者に弔意を表明したって話は耳には入ってこない。
そこを突いて日本の首相の靖国参拝をごちゃごちゃ言ってる人がいるのかも知れない。
だからってどうなのよ?ってオレは思う。

だって、どこの国も敗戦以降国の形態が変わってるじゃん。
いや、日本も変わってるか、主権在君が主権在民に。
じゃあなんで他の敗戦国はそれをしないんだろう?
いや、しないのかどうかはわからないや。耳に入らないだけかも知れないし。

ってかさ、たぶんごちゃごちゃ言ってるのって
韓国、朝鮮、中国辺りだけだよね、ちがうのかな?
いろいろな問題に対して賠償責任を日本に求めてる国。
その辺の問題のことは、どんな事実があったかをオレは知らないし
もしそれに対して賠償が足りない若しくはされてないのなら
絶対にしなくてはいけないものだとは思うが・・・、

思うがぁ、

それとこれとは問題違うじゃん?と思うですよ、オレは。

戦死者の弔いは他の国がどうであれ絶対にするべきだと思う。
敗戦国の立場の弱さも有ると思うし、他の問題も有るのかも知れない。
でもそれが日本のメンタリティだって主張して欲しい。

オレは個人的に右へならへ!的な、隣百姓的な、そんなメンタリティが大っっっきらいだけど、
国のために不本意に、ヤケクソで、死ななければいけなかった日本軍の軍人さんには
国家元首が「ごめんなさい」を言うべきだと思う。それはポーズでも良い。
国際問題なんて二の次だよ。

だって、国が徴兵して国のために死ねって言ったんだよ。
バカ言ってんじゃないよ!って思わない?

言ってる方も、徴兵してるほうも子供いるのよ?たぶん。
でぇ、かりたてる兵隊さん達も子供もいれば奥さんも子供もいるわけ。
当時も今も政府にいる人なんてオレなんかよりも100万倍頭のいい人たちが
集結してるに決まってるわけだから、そんなこと分からない訳ないじゃん?
国がバカなことを強制したんだからその申し開きを、『御都合』で
死ななけりゃいけなくなってしまった人たちに謝意を示して欲しい。

それが、スジだよ。マジで。

戦後ウン十年?

戦死した、せざるを得なかった英霊に、
国家元首は、弔意を示すべきだと思う。



コイズミさん、あんたは、まあまあいいよ。




2006 広島原爆の日

 広島原爆の日.2006

別にすごく重い意味でもないんだけど
この日と終戦の日にはなんか書かなきゃいけない気がしててさ。

忙しくてTVも観てないし何を書こうか迷っちゃったんで
去年まで何を書いてたかをちょっとまとめてみました。

去年
一昨年
'03年
'02年
'01年


かなり酔っぱらって書いちゃったりしてて
わけわかんないことになっちゃったりもしてるよね(笑)

今、ってか、オレが生まれたころにはもうそうだったけど
広島の街ってきれいなんだよね。

なんでかって言うと焼けたから。

で、今やっときれいになってきてるみたいだけど
市内には大昔、埋め立て前に瀬戸内の島だった山とはよべない高さの山が
幾つかあるんだけど、その陰になったところは焼けなかったからえらくものが古くて
下水とかもないところがいっぱいあって子供の頃は行くのが怖かったんだよね。

よく古い町は駅と離れたところに繁華街があるって言うけど
広島は焼けちゃったのにやっぱり広島城下に繁華街が拡がったんだね。
お堀の跡と路面電車のレールぐらいしかない、なんにもなくなっちゃったところでも
やっぱり人は前の場所がいいんだね。

そう、もう撤去されちゃったけど子供の頃駅の回りはバラックとかあって
ちょっとしたスラムだったんだよね。すげえ怖いおっさんがカップ酒持って日焼けか酒のせいか
わかんない赤黒い顔して冬でも首にタオル巻いてふらふらしててあれも怖かったなあ。

スラムといえば広島城の近くに高層アパートが昔っからあって
そこは焼け出された人たちがお城の回りにバラック建てて住んでたのを
住まわせるために広島市が建てたアパート群なんだけど、超格安の家賃が
未だにほとんど変わってないからとんでもない貧民窟になっちゃって
すげえ怖いスポットになってるらしいね、今。

そう言えば有名な『お好み村』も丸焼けになった新天地(地名)界隈に
ぐっちゃぐちゃに出てた屋台を整理するためにできたんだよね。


子供や奥さんや父さんや母さんやおじいちゃんやおばあちゃんが目の前で焼け死んで
家も財産も着るものすら焼けちゃって自分自身もいつ原爆症になるかビクビクしながら
みんながんばったんだよね、きっと。

かなりヤケクソだったとは思うけど。

終戦の日.2005

忙しさにかまけてこの日何も書けませんでした。

オレは軍隊に入ったこともなく、当然この時を生きたわけでもなく
話でしかこの戦争のことは知りません。

でも、事実には程遠いでしょうが想像することはできます。

例えば、召集令状が自分のところや、父や、兄や弟に来たとき。
これはその場で死ぬわけではないけれども、1/2のロシアンルーレットを
強制されるようなものです。
冗談じゃないです。先に招集された兄か自分のどちらかは死ぬんです。
ひょっとすると父はもうその不条理によって亡くなっていた場合も考えると
このときの母や妹の気持ちはもはや計り知れません。

考え、想像して下さい。
それだけで確実に世の中や自分自身の何かがほんの少しだけ変わります。
そのために毎年こんなことを書いています。

そしてこれを読んで下さい。


2005 広島原爆の日

この辺りから「原爆の日」と入れるようになってますね。

☆・☆・☆



8.6.2005
広島原爆の日

60年前の今日、
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分に
ポール・ティベッツ大佐の操縦する、彼が母の名を命名した
B-29爆撃機「エノラ・ゲイ」によって広島市に原子爆弾が投下され
おびただしい数の母親と父親、その息子と娘、その父と母らが
全くもって無念の死を強いられました。

彼らの息子はとても上手に母親の絵を書いてあげたかも知れないし、
彼らはやっと両親にほんの少しのぜいたくをさせてあげられるようになったばかりだったかも知れないし、
彼らは自分がやるべきこと、やらなければいけないことを見つけたばかりだったかも知れないし、
彼らは8月10日に細やかな結婚式を挙げる予定だったかも知れません。


原爆によって倒壊した家の下敷きとなった
身動きのとれない、助け出すこともできない幼子の母親がその目の前で炎に包まれ、
「お前はほんとうは私の子なんかじゃないんだ、早くあっちへ行け」と言う。
父親は乳飲み児を抱きつつ その幼子の手を引きその場から去ろうとする。

この夫婦の断腸の思いがいかばかりであったかは推し量ることすらできませんが
実際にこんなことは この時いくらでもあったはずです。


ご無念を浅慮しつつ 心よりご冥福をお祈り致します。




前にも書いたけど、
ポール・ティベッツ(Paul Warfield Tibbets, Jr.)大佐には責任は、ない。とオレは思う。
軍人が命令に従っただけ。当然のことだし、そうしなければ彼は家族を守ることができない。
もしもオレが彼だったとしてもそうしたと思う、たぶん。

原爆投下の大統領命令を発したトルーマン、まあ、確かに責任はあるか。
でもやっぱり このときに他の大統領だったとしても他の選択肢があったかどうかはわからないし
一部の人が言うようにこの命令がなければ本土決戦になってあと100万人死んだかも知れない。

軍需産業や武器商人にしたって奴らがその職業を選んだのは
人殺しがしたいからでは決してないはずで、なんでかっていうと儲かるからでしょ。
それってやっぱ家族のためじゃん。家業を継いだだけにしても。

なにがいけなかったんだろうね。

守らなきゃいけないものがあれば、そして他により良い選択肢がなければ
プライドも、大義名分も、法律もなくなるものだと思う。
少なくともたぶんオレはそう。


じゃあ、守らなきゃいけないものなんてなければいいのか?

ぜってー違うよね。


・・・・・


う〜ん、わからん!

でも考えなきゃいけないってことだけは判るんだよね。



とりあえず上の駄文はテキトーでいいからこれを読んで下さい。

2004 終戦の日 Aug.15.2004

あ〜あ。

改めて読んでみると
前回は完全に酔っ払いのクダでおわってるなぁ。

なんかうまくフォローもできないし、
あんまり前回とは続いたりしてない感じで読んで下さい。

で、やっぱり
言いたいことのベクトルは前回と同じなんだけど、
今日は終戦の日です。

武道館での恒例の戦没者追悼行事では戦没者のお母さんの
参加が今年はとうとう広島の93歳のおばあちゃん
一人になったって報道をTVで観ました。

息子を殺されたお母さん・・・。

別にオレは身内に戦死者がいるわけじゃないから、
(親戚に戦没者はいるはずだが・・・)
彼女の心中を察し・・なんて
バカなことをいうつもりはありません。

ただ、例えば、オレが二十歳とかで死んじゃってたら
おふくろの悲しみは、どれだけのものだったろう?って
なんとなく想像はできるわけ。

戦争ってさあ、ごくごく単純に言えば考えの違う相手を
暴力によって制圧して自分のモノサシを押し付けることじゃん?
そりゃ、主張することは何よりも大事なことだよ。
それがなければ何も始まらない。
だからって、対立したからって、殺さなくたっていいじゃん?
例えば、
不愉快な思いをした店に別にダンプで突っ込むとかする必要はなくて
そこにはもう行かなければ いいわけじゃん?

示威行為は必要なこともあるけどそれは
決してひとを傷つける質のものであってはいけないと思う。

自分のことを本当にかわいがって自分を大事にすれば
そんな考えにはならないと思うんだが、どうかなぁ?

オレは
ぬるくて、エゴイストで、いくじなしで、日和った弱虫のマザコン野郎か?

別にいいんだよね、どう思われようと関係ない。

オレはおふくろに「ひとに迷惑をかけるな」って習ったし、
おやじにはケンカのしかたを習った。
たぶん世界中の、どの家庭もそうだったと思う。

それを守ればいいじゃんね。

家族も国も契約も親の言いつけも、
それを「守る」事が大事だと思うんだが・・・。


毎年のことだけど、
こんなよっぱらいの駄文を読むよりも
これを読んで下さい。


2004 広島原爆の日

 なんだかわけわからん事になってます。

☆・☆・☆



Aug.6.2004

う〜ん・・。

下らない自己満足に過ぎないのだとしても、
今日に限っては意地でも、非核、嫌核の主張を
ここで繰り広げてみるのが本意なんだけど、
なんだか、今日は(最近は)いろいろあって思うところを
うまく書き出せません。

こんなオレでもとりあえずは文章(考え)を発信できる手段として
今はインターネットなんてものがあるのにもったいないよね。


閑話休題(かな?)

いつものことだけど、今日も少し酔ってます。
だからって訳じゃないけど とりとめもなく思うんだけどさ、
世の中って何を中心に動いてるんだろうね?
それともコアなんて無いのかなぁ?
人それぞれきっとなにかを我慢して生きてるんだとオレなんかは思うのね。
何を我慢していようがそれはその人にとっては
身を切られるような我慢なのかも知れない。
でも別の人にとっては もぉ全然、痛くも痒くもない事っていっぱいあるじゃん?
例えば、下世話だけどカネのことを言えばクルマの罰金とかもそうだよね。
5万円がこれっぽっちも痛くない人は世の中にゴマンといるわけじゃん?
で、その5万円をどう作ろうかと考えてる人もいるよね。
でも、これが単純な不公平かといえば違反自体が問題になる
官庁のお役人みたいな人たちもいるし、また一方では、
地位や立場によって(ある意味その人の力でもあるが)違反自体を
無かったことにしたりひとのせいにできたりもするわけじゃん?

あ〜、ホントにとりとめね〜!
まあいいや、
そう、世の中不公平なんて事は百万年前から知ってるし、
“価値観”なんて子供だましの言葉をオレだって使うことあるけど、
なんか、こう、不可侵の規範みたいなモンはこの世には存在しないものなのか?

ってか、例えば、
「4/4拍子は1小節が四分音符四つで進行する」
みたいに
「人を殺してはいけない」
って約束はできないのかなぁ。

いや、そりゃあオレだってガキじゃないんだし、
言い訳あるのはわかるよ。

でも、ママに聞いてみればいいじゃん。
「あの子のママを殺してもいい?」って。


オレはぬるいか?


(ダメだ!わけわからんくなった。 8/15につづく・・・)

2003 終戦の日 Aug.15.2003

今日は第二次世界大戦(太平洋戦争、大東亜戦争とも云う)が
日本の無条件降伏によって決着した日です。

ここに毎年反戦メッセージともつかないとりとめのないことを書いているのは、
やっぱり小学校二年の頃読んだ「はだしのゲン」(中沢 啓治著)や
三年の時に課外授業で行った広島平和記念資料館なんかの影響が
やっぱり大きいんだろうか?

ってかね、
オレがガキの頃なんて被爆者ってそこここにいて、
かなり身近でもあったんだよね。
オレのオヤジも家の下敷になったなんて云ってたしさ。
(って、おととし書いてたね)
路面電車ん中でじいちゃん同士が八月六日のその日の話をしてたりね・・・。

アメリカ人はさ、原爆投下がなかったら日本本土に上陸作戦になって
最悪100万人の米兵が死んだかもしれない、だからあれは正当だ。
みたいな事を言ってる人が結構いるんだってね。
あと、上陸されたら日本人は多数が自決しただろう。とか。
どうであれ済んだことは仕方がない、ただやっぱり
あんなものを人の上で爆発させるのはやめたほうがいいと思う。
他のどんな爆弾も細菌兵器もだけどね。


こないだ控室でTVついてて
イラクでいっぱい人が殺されてるって報道やってたんだけど
バンマスがさ、別に感慨も何もなくフツーに

「戦争だもんね、仕方ないよね。」

って言ったんだよね・・・。

この時オレは
ラップトップ開いてMIDIの仕事してたんだけど
ちょっとぎくっとして仕事が止まってしまいました。
この人は戦地に行ってたんだよね、セレベスだかどっかその辺。
もし誰かが、戦地に行ってない人が、兵士じゃなかった人が
当時を生きてたんだとしてもこの発言をしてはいけないと思う。
また、きっと出来ないんじゃないかとも思うけどね。

オレ達には当時のバカな面白い話しかしないけど、
きっと人に言いたくないことも当然経験してるんだよね。
メチャメチャ ヘヴィなご発言だったなぁ、
突っ込まなかったけど。


エノラ・ゲイで広島に原爆を投下したポ−ル・ティベッツ中佐(当時)は

「私はもう一度戦争があったら同じことをするだろう。
もう一度戦争があって同じ命令が私に下されれば私はそうするしかない。
だから戦争はするべきではない。」

って云ったんだって。
この人さ、命令とはいえ自分がやったことに対して戦後ものすごく
苦しんだらしいんだけどその人がこう云ってるんだから重いよね。
命令違反や逃亡は銃殺だったりするんだから当然オレでもそうするだろう。

そして当然だが共感するのは戦争はするべきではない、
いや、オレは知らないんだから共感じゃないね。
理解も出来ないと思う、どんなものだったか。
ただ、その狂気を想像し、考える事に吝かでないし、
人としてそうしなければいけないと思う。
(断言するが、そうでない奴はたぶん、ぜってーいい音なんて出ないよ。)



ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

新着画像

New Entry

お詫び m(_^_)m
2018/11/13 03:45
納品完了!!
2018/11/07 20:42
「J's Slide Lubricant」発売日決定!?
2018/10/30 05:02
楽器フェア2018♪
2018/10/20 05:00
緊急告知‼︎
2018/10/03 15:51

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード