“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2018/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

カテゴリー「楽器のコト」の検索結果は以下のとおりです。

むむ〜ぅ (ー_ー;)

いとしのShires(お気に入りのおもちゃ)がやっと退院してきたぜ♪

…と思ったら、どうやら一時帰宅だったらしくて

明日また入院してしまいます。。。

 

 

あーあ、ちぇっ。

お気に入りの おもちゃが…

来たばっかのShires(お気に入りのおもちゃ)が一週間足らずで入院してしまいました。

ホントは具合がわるいのにそれを圧してウチに来てくれてたらしくて
最悪、故郷のマサチューセッツに里帰りして大掛かりな移植手術とか
しなきゃいけないかも知れない、
ってか その可能性大な感じです。。。

つーかね、
YAMAHAはYAMAHAで入院させちゃったしBachは委託に出しちゃったし
いまウチにはKING 2BとBach 42Bとバストロしかない状態なのさ。

 

もぉ、喪失感ハンパないっす。

 

む〜、2Bってこんなにキツかったっけか? (j_j)

 

ハゲるぅ~!

Shires Custom Trombone

shires.jpg

特別仕様のShiresを買ってしまいました。

ある夜の、多分にBeerに影響された気まぐれな問い合わせメールから
ShiresアドバイザーのBen Griffin氏と数日置きに ひと月ぐらい連絡を交わし、
最終的に引くに引けなくなって出た結論、ってかナリユキが
「Shires Custom Trombone S2Y-LW-T7-7.5 Bell,T85-LW Slide,SY1.5S Crook & T85-1L Leadpipe」
ってな恐ろしく長い名前のモデルの発注ってか特注だったです。


まーね、
今となっては結果オーライすぎるんだけど
その時は「う〜わっ! この流れどーしよ!?」でした(苦笑)

 

簡単に仕様を説明すると、
ベルは2枚取りで薄いゲージの7.5インチでフレア側のゲージが更に薄く、
縁の巻き返し部分は芯金をハンダでとめずに高精度で巻き締めてあるのね。

スライドはアーサー・プライヤーの頃に主流だった0.85インチのストレートボアで
大昔のBachのModel-6iと同サイズ。

チューニング管は一枚板からの巻加工で なんだかShiresの最近イチオシらしい
ネックパイプ側とベル側でカーブが違うヤツ。

マウスパイプについては後述なんだけど特別仕様みたい。

あとバランサーとかもね。

 

日本総輸入元のショップを通して正式にオーダーを出してから なんと2ヶ月での超スピード納品だったんだよね。
心づもりでは無条件で最低半年、1年は余裕で待つ覚悟を、ってか予定してたのに
こんなに早く来ちゃったら金が準備できねーわ!

 

 メールではBen氏が

「オメーにはぜってークソタイトなスペシャルモデルの0.5のマウスパイプが合うから!」

って ゆーから「ほんじゃそれで」ってったら正式注文後に

「ゴメン、T85の0.5パイプは前例がなかったみたいで職人が失敗したから1番パイプをロングにしたヤツで勘弁してくれ」

とかなったり、スライドの減量を頼んだら

「いーや、それだけはできん!」

とか言われたり等 イロイロあったんだけど、結局はものすげえイイ楽器が出来てきました。

 

そー、んで、確かに
タイトなマウスパイプはBen氏の言うとおりビンゴで、
このヒトはもしかしたらエスパーなのかと思ったけどYoutubeとか観てくれたのかもね。

 

ただ、実はロングの1番パイプは実はまだ製作中で、
現状の感想は「とりあえず納品」の「T85-1」のパイプのものだから
もしかしたら特別仕様の「T85-1L」は もっとイイかもしれなくて
本気(マジ)でかなりタノシミっす。

 

あと、「ケースなし、マウスピースなし、楽器本体のみ」での販売・・
って、聞いてたんだけどShiresのクソ高いマウスピースHetman
ケミカルキット一式とイタリアメーカーのケースがナゼか付属してきました。

よっぽど面倒くさい客だと思われたのか、0.5パイプへのお詫びだったのか、
ハタマタ会社方針による仕様変更だったのか・・・。

手だけでめっちゃ締まる特注のバランサーの精度とかスゴかったし
S.E.Shiresさん、なんだかヤル気出してます。

 

p.s. いまみたらケースは付属するようになったって書いてあるね。 

J's Slide Lubricant β-ver.完成?

はい、だいぶ進んできたのでちょっと小出しにしてみます♪

先走ってこんなページも作っちゃったですよ(笑)

まだ届いてない配合成分とか暗転のステージでも片手で扱えるキャップのついた
ある程度の遮光ができる容器とかのサンプルがGWがらみでオシちゃってるけど
来月には都内のいくつかの楽器店に置いてもらえると思うです。

最初の100本は原価+楽器店のへのお礼のみで置いて貰う予定。

 

ただねー、
暗転のステージでも片手で扱えるキャップ形状とかボトルサイズや
万がいちのステージ上で使用時に手からこぼれたときの落下音の問題とか
楽器ケースへの収まりなんかを考えたときにそれに叶う容器代がえらく高くつくのさ、


ははは。。。

 

こんなもんで儲けようとはハナから思ってないけど原料の仕入れや配合、
容器の組立てや充填、楽器店への出荷配送までオレがやるしかないわけで
まさに家内制手工業だし、なまじデキが良いもんだからレピートユーザーが
いたとしても再購入スパンは半年以上な感じなのよね。

だいたいさ、
そもそもJürgen voigtt(ユルゲンフォークト)のスライドスプレーが高すぎるからで
もしもアレが¥1,200-くらいなら これでイイっちゃぁイイんだよね。
まあ、もっとイイのができちゃったんだけどね。(*^-^*) ぽっ

ってか損しないってムズカシイ。

 

む~。

はぁぃ♪

そー、こういうタイトルのときは特に内容などないのさ 

 

ってか実はね、

こないだの「DIYなTrombone Slide Lubricant 」の改良に
やけに勤しんでおりましてですね、

できればAll in Oneタイプでつくりたいとは思ってるんだけど、
それがダメでも 極端な使用条件下の、

例えば、
一週間後のLiveでクソクソできねーリフがあってメチャメチャさらった翌日の
朝イチからの録音に不覚にも寝坊しちゃって着いたらすぐ音みたいなときでも
あまり気にならない程度にモチがよい、

ってか そこまで極端な状況でなくても 翌日そのまましばらくは使えるような
そんなのがデキそうな気がほんのちょっとしておるのです。。

 

もしもプレイヤーとして妥協のないスベリのクォリティとナガモチ具合が達成できたら
サンプルを都内の楽器店に数百円程度で置いてもらって
ミナサマにもモニターしてもらおうと たばかっておるデス。

Tromboneのスライド潤滑剤(Slide Lubricant)の研究とDIY

「久びさになんか書いてると思ったらまたこんな記事かよ!」ってか!?

 

・・・だよ!

 

だって売ってるヤツよりイイんだもん!

安上がりだし 手軽だし 使い方はカンタンだし、
スライドのクリアランスに合わせて濃度調整までできるんだから。

 

ハイ、いくよ。

 

そもそもは
Slide-O-Mixの2液タイプの成分を とあるサイトで発見したのがコトの始まりで、
たぶん2つの液を良い状態で混合させたのがSlide-O-MixのRapid Comfortや
けっこう今主流のYAMAHAのSlide Lubricantで、2液タイプのSlide-O-Mixは
両液の混合を考えてないから分量もアバウトで 1液がぜってー先に無くなるし
新品時の2つの全量を混ぜてみてもうまく混ざらないし性能も期待できない。

で、肝心の2液の成分だけど なんと薄めた界面活性剤なんだと。

1液は知ってる人も多いと思うけど高純度の低粘度シリコンオイルで
CONNやSuperSlickのSlide Treatmentとほぼ同じもの。
違いがあるとすれば粘度にごくわずかの違いがあるのかもしれないぐらい。

要するにペペロンチーニの美味しいヤツのように滑らかに乳化した水と油を
加熱なしに維持するために せっけん水をシリコン被膜上に展開してるわけ。

 

そしたらあとは簡単で、水と洗剤ををイイ具合に混ぜるだけなんだけど
これだと洗浄成分が多すぎてNG。かといって界面活性剤は単体では
なかなか手に入りにくい。

そこで¥100均ショップの無香料石鹸を使用してみると、
もともとの原料油が何であろうと添加物の少なさからか撹拌に時間はかかるが
一度混ざれば時間が経って分離してからも振るだけですぐに混ざる。

石鹸の量は耳かき5杯(苦笑)
単位が耳かきの理由はWater Sprayのちっちゃな口にこぼさずに入れるため。
なのでオレは瓶の口で石鹸を小削ぎ取ってます。ひと小削ぎで耳かき1杯相当。

しかしこれだけではすぐに流れてしまって持ちが悪いので
ここに乳化剤が入ったシリコン系クリームのコレを混ぜる。

trombotine
Trombotine

分量は5〜10cmぐらいで、30mlのスプレーに10cm入れると
劣化したSlide-O-MixのRapid Comfortくらいの粘度になる感じ。

 

YAMAHAとかの精度と均一性が高いスライドだと
これだけでOKなんだけど、使い込んだBachとかのスライドだったら
コレ(↓)やSlide-O-Mixの1液を7〜8滴混ぜて石鹸を耳かき2杯増やすです。
superslick_slide_treatment
Superslick Slide Treatment

 

んで、
オレのKINGみたいにクセの悪いスライドの場合は
コイツ(↓)をストッキングに「それで効果があるのか?」ってぐらい薄く塗る。
シリコングリス
AZ シリコーングリース

 
量としては指の腹につけたグリスを容器のフチで小削ぎ取ったぐらい。
ストッキングにグリスを塗って使うときは液の濃度は濃くないほうが良い。

オレはグリス塗って薄めの液で使ってます。

 

 

実物↓

もうね、笑うぐらいスベリの持ちがいいし劣化がないしスゴいんだから♪
すぐ分離するからよく振って使ってね。

あ、マジックの線は容器内の液を吸い込むチューブの曲がりの方向。
コレ書いとくと中身が少ないときに暗転のステージ上でも
スカらずにちゃんと噴霧できるのさ。

KINGのスライドにBachのベルを装着する方法♪

こんな記事に需要はないことはよぉ〜くわかってる。


がぁ、
Bach+KINGのマリッジ以外にも他のメーカー同士で試してみたい
ってヒトがいるのでは?いや、いてくれ! いるハズだ!!

とまでは まあ思うわけもなく、思ってたらアホなんだけど
とりあえず予告した以上記事にします。

 

 

ハイ、
まずは0.03mmのエッチング用かなんかの銅板をテキトーに切って
スライドのジョイント部分にテキトーに巻いてみます。
(ってか、こんなもん最初はテキトーにやるしかない)

スライドが2Bなら
おおざっぱに80〜100mm×40mmを一枚でもいいのかも知れないけど、
スライドジョイント♂にはテーパーがあるので40〜50mm×40mmぐらいの
アバウトなニア正方形を少しズラして咬ませるほうがしっかり密着する気がします。

んで、何度かやり直したりしてるうちにきっとうまく密着するのでソイツを
バラバラにならないように外して人差し指と親指で作った輪の中で少しだけ
そっと絞ってクランプかなんかで留めてバーナーではんだ付けします。

やってみるとわかるけど、銅板の弾性で外した途端に巻きが少し開いちゃうのと
ハンダが入り込んだときの厚みがあるからビミョーな力加減で0コンマ数ミリ絞って
イイ具合に調整してくださいです。(コレ重要)

銅板は普通に買えばB5〜A4ぐらいの大きさはあるはずなので一枚買えば
5〜6回は失敗できるので大丈夫。オレは江古田の日芸前の画材屋さんで
買ったけど東急ハンズやアマゾンにもあるみたいよ。

 

ハンダ付け後はこんな感じ。

adapter.jpg
(バリがそのままなのは後述)

 

装着した状態がコレ

KINGは下ネジなので写真のようにネジのストッパー部の段の部分にアダプターのハカマ部が
かかるように被せるとアダプターをネジが咬んでくれて下の写真みたいな感じにしっかり固定できます。
スライドのネジにしっかり咬ませるためにはアダプター根元の処理はキレイ過ぎないほうが良いと思う。

 

KINGのスライドのネジを咬ませた状態。


先の記事にもどる↓

スライド側ジョイントネジにアダプターをガッチリ咬ませたら
あとはベルを差し込むだけ・・・

でも いいっちゃいいんですが、そのまま吹いてるとBachのジョイントネジが
共振したりカチャカチャいったりします。

なのでわざと1〜2mm程度の隙間を作って

 
(↑コレでだいたい1mmぐらい )

 

そのスキマに1mmの銅線をひと巻き半します。
(スキマが2mmだったらふた巻きぐらいかなぁ)

 ↓

 

 そうするとこんな感じにBach側のジョイントネジが咬んでくれて

 

こんなふうにかなりガッチリ差し込めます。

 

でも、テーパーがあるとはいえ結局は差し込んでいるだけなので
オイルやグリスが付いてしまうとたぶん吹いてて回ってきてしまうので
ティッシュやキッチンペーパーでマメに拭いたり、ときどきはZippoオイルや
ブレーキクリーナーで油分をキレイに落としましょう。
普通の楽器でもそうだけどね。

あと、
アダプターのベル側先端はジョイントレシバーに密着している方が反応が良くなるので
アダプターをスライドに装着して(4つ目の写真の状態で)ダイソーなんかで売ってる
「穴あけポンチ」の2番目ぐらいに太いヤツを使って少し拡げとくと吉。
最初だけじゃなくて使ってると組立のときなんかにどうしても狂ってくるから
ときどきこの「穴あけポンチ」で真円ぽくしてあげましょう。

ちなみに「穴あけポンチ(5本セット)」は、マウスピースを落としてシャンクの先端を
凹ませちゃったときとか、Bachなんかの量産メーカーのハンパに古い時代のマウスピースを
シャンクのアタリを見るためにマジック塗って回してみたら全然先端がアタってなくて
少しだけシャンク先端を拡げたいときなんかに実に役に立ちますです。
なんせ鉄製だからコジってもOK。


他に注意点としては、銅は柔らかいけど形状記憶の性質が少しあるみたいなんで
あんまり失敗したものを意地でも使ったりはしないほうが良いみたい。
たぶん狂いがキツくなるのかな?

 

 

最後の写真のマウスピースはNew York Bachの22で
昨日なんとなく久しぶりに引っ張り出してきて「むむっ! コレは !?」
だったんだけど、やはり一時の気の迷いですた、はは。

 

やっぱりこのセッティングが いまイチバンなMy Arms。
(クリックで拡大↓)

鬼と出るか蛇と出るか はたまた鳶が 鷹を生む?

さて、この楽器をよく見たときに強烈な違和感を感じる閲覧者がどれだけいるだろね?

 

 

 

どぉ?

 

 

 

ヒントはね、

 

 

 

 

 

ははは くだらねー
ってか思わせぶりすぎだよね。

 

実は試行錯誤の末にKING 2BのスライドにBach 16 StelingSilverのベルを
DIYでマッチさせたのさ、ふふふ。

いや、あっちこっちにレシーバーの制作をなんとか頼めないか聞いてみたんだけど
どこもムリだって言われて仕方ないからイッろいろと自分でヒマを見つけて試してたのね。


それはそれは いろんな紙で作ってみたりアルミホイルなんかも試したんだけどダメで、
結局は二枚の銅板をお互いに咬ませて2Bのスライドのジョイントに時計回りに巻きつけて
ベルとスライドが一直線になるように差し込んでから押し込みながら定位置にネジのように
カシメたらかなりの圧着に成功してね。 

これがまたイイのさ。

 

ってかね、
2B-SSのベルはスーパーヘビーだからフルトーンのキャパはスゴいんだけど反応が鈍くて
Bach 16はスライドがタメてくれすぎるのね。

前はわざわざキツい楽器をパワーでねじ伏せるのはスキだったし
それがTrbらしい音だと思ってたけど、今はもぉそれはカラダがキツいのと
ベクトルが少し変わってきたのもあって「こんな楽器がホシカッタノヨ」的なコトを
かなりヒシヒシと感じておるのであります。

 

これが気の迷いじゃなかった場合、
Bach 16のジョイントをKINGのジョイントに付け替えるか?とか
KING 2BのベルセクションにBach 16のSSベルを移植するか?
が問題だけど、ちょっとしばらくマジでコレでいきます。

 

あ、前回の記事のYAMAHAとGiardinelli 6Mは
すげえ惜しいところで却下でした。。。

 

なんか木鶏たり得ずどころか もはやチキンやも知れぬなり。

 

でもこれはイイ、マジで。

なんかYAMAHAとGiardinelli

もぉ何ヶ月もKINGスターリングシルバーに
willie'sの組み合わせと、ときどきN.Y.Bach 22とかのセッティングで
仕事してたんだけど、

もぉ売ってない「Giardinelli」ってメーカーの
復刻メーカーの「NY Classic」でも復刻されてない「6M」って型番を
大昔に、当時は使えないからって理由でカスタマイズの練習に適当に
あーだこーだと削りまくったヤツを、

10日ぐらい前に、ホントに「なんとなく」削り直して吹いてみたら
なんかちょっと良かったのね。

でも、KINGとのマリッジはすんげぇイイわけでもなかったから
「まぁ、ホかしたマウスピースだしねぇ」なんて ほっといたんだけど
ホントにたまたま今日YAMAHA 695で吹いてみたらなんか
すげぇいい音すんのよ。

ってか欲しかった音?

いや、欲しがったんだけど諦めてたような音がしてくれて
勘違いかもしれないけどハデにテンション上がっちゃってます。

 

ん〜、木鶏たり得ず。

知ってるってば 上等だよ、はは。

アンカーグリップとゼッツェン問題・・Ver.0.4 pre.もといΓ

前記事の”お前自身のホルンを吹け by Fergus McWilliam"に
ゼッツェン問題が取り上げられてて ちょっとビックリしました。

でも ある程度の年代以上のホルンのひとにはけっこう当たり前のことなのかもね。

んで 覚え書き続きのゼッツェン問題でしたが このご本のお陰でなんとなくPrereleaseな
感じに仕上げられそうな、できなさそうな…

 

ってかね、この「ゼッツェン問題」正式版は前記事で予告してしまった
How to play can we do? --Practical apploach for the playing of a brass instruments--」の
「奏法」について(9)能動的振動生成について(仮題)” なんだけど、
コレがあーた、この記事の下書きを書こうと思ってサーバーを確認したら
「奏法」について(9)《アンブッシャとシラブルと音域》(ハイトーン補遺)
なんてものの下書きが出てきてしまったじゃありませんか!

下書きの更新日をみると例の事故の前日あたり。

「奏法」について(8)《シラブルとタンギング》(タンギングその7)”をUPして
続けてすぐに書き上げようと思ってたみたいでした、よよよ。

 

なので、構成やら色々おかしくなるので先に
「奏法」について(9)《アンブッシャとシラブルと音域》(ハイトーン補遺)”を書き上げてUPします。
(一年前の下書きからだからすぐにUPできるかわかんないけどね)

 

 

で、表題ですが、

McWilliam先生によると「アインゼッツェン」は悪いもの、というかこの「アンorアイン」の
分類自体がおかしなもので ちゃんと吹けるアンブッシャはすべからく「アンゼッツェン」で、
「アインゼッツェン」とは あごに「桃の種」を作ってリムの下に下唇を押し付ける
アンブッシャのことと彼は定義しているようです。

で、このご本の本文中にも「本書ですら疑う必要がある」とあるように
先達の言葉は全て正しいが ご本人以外に同じアプローチがあてはまる可能性はごくわずかである
と常々思い、また、
Willie'sの中込マイスターの
「自分を知り尽くしている職業演奏家のオーダーモデルは汎用性が低くそのままでは商品にしにくい」
という意見に大いに頷かされたオレはこの定義自体にアンチテーゼを投げかけてみることにしました。

ただね、コレはものすげえ枝葉のことで「How to〜」にUPする決定稿ではどんなに長くなっても
このご本に書いてあることの本質をオレなりに できるだけ引用なしで解説するんで
どんどんケチを付けて積極的に疑問を持って自分に置き換えて下さい。

 

さて、前置きが長くて本文は短いんだけど

アパチュアのコントロール方法には少なくとも2種類あって
下唇上端部を前後してコントロールするか下唇上端部を上下してコントロールするか
どちらかだけだとは言い切れないし、どちらかが多数派なのかもわからない。
しかも「上下派」も感覚的には前後だから始末が悪いんだけど、
はっきりとした違いは「前後タイプ」は音域が上がるにつれて下唇上端部の柔らかい部分が前に出る
ことに対して「上下タイプ」は音域が上がるにつれて下唇上端部がしっかり巻かれて上唇の内側に滑り込んでゆく
のですよ マジですよ。

 

でも、ほとんどのヒトがたぶん後者しかピンとくるワケないんだよねぇ。

 

む~。

 

・・・・・・・。

問題なのがTrpやTrbの場合、普通は両方を使い分ける必要はないし、
その必要があるなら歯並びその他に問題がある場合が多いってことでさ。

 

・・・。

 

 

んー、ダメだぞ。

Prereleaseはもとい!

忘年会あたりでちょっとホルン吹きつかまえて問い詰めてくる。

ページ移動

ユーティリティ

新着画像

New Entry

お詫び m(_^_)m
2018/11/13 03:45
納品完了!!
2018/11/07 20:42
「J's Slide Lubricant」発売日決定!?
2018/10/30 05:02
楽器フェア2018♪
2018/10/20 05:00
緊急告知‼︎
2018/10/03 15:51

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード