“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2019/01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

カテゴリー「楽器のコト」の検索結果は以下のとおりです。

楽器

ものすげえ迷った揚句に
KINGを封印してYAMAHAに戻しました。
途中でBACHのSlideクルークをOldのやつに戻したりしてみたんだけど
TPOを選び過ぎのsonore楽器になっちゃったからこれも様子見にして
結局YAMAHA。

3年ぐらい仕事では使ってなかった楽器だけど意外と吹けるようになってた。
Trpとの持ち替えもまあまあだししばらくこれかなあ。

TrpのMouthpieceをBach5Vにしたのも大きいかもね。

気になってたMouthpieceだったからもっと早く替えればよかったのか
返りの少なさからかDoubleTonguingが少しやりやすくはなった。

舌付きの位置のシビアさが分かりやすくなったって言い方のほうが正しいか。


 ☆・☆・☆


Privateのゴタゴタが全然進展しないから
何もアクション起こせない日々が続いてるんだけど
これは言い訳なのかもしれない気もしてる今日この頃。

最近若い人と一緒にやってないけど
みんなクソ上手いんだろうな。

バンガんなきゃ、色々と。

MONETTE

83-1.jpg

「MONETTE PRANA B4LDS/84-#21」
この何百ドルもする、発売されるやいなや借金して買ったマウスピースはえたいが知れないっす。

23区内に2DKぐらいなら買えてしまうぐらいの設備投資が必要な最新のNC旋盤にインプットされた
膨大なシェイプデータを当然全て吹いてみたわけじゃないんだけど、オレの知ってる中でこのモデルだけ
MONETTEにしては奥エッジが異様にハッキリしてて 窮屈でもあり、サポータブルでもあるんだよね。

恐らくカップの持つ微妙なシェイプによってキープされた、
このサイズのスロート・ボアではありえないぐらい安心できる抵抗も
なんだかどこまで細いのか想像もできない形状の、でもすっぽ抜けないバックボアも
たぶんこのメーカーの中でも多少特異なものではある気はする。

でもスパンの違いこそあれ、周期的にこれに戻ってきてるんだから なにかあるはずなわけよ。

今度こそきちんと半年ぐらいは他のマウスピースは失くしたつもりで使ってみろって、オレ。

ダメなら、まずD.MONETTE宛でmailで相談して、それで話にならなきゃ削ればいいじゃん。

あれはまだ削っちゃダメ。

なんとなくね

珍しく、かつ、久しぶりに

ハードディスクの中を整理してたわけよ。

3月の大阪滞在中にHDクラッシュかまされてたもんだから
使ってたフリーやシェアウェアのソフトがいっぱい無くなってて
あちこちからダウンロードしてインストールしてみたりして
イロイロ整理復旧してたらこのサイトのフォルダがあったわけ。

まあそりゃあるわな、運営者なんだから。
んで、そのフォルダの中も片づけてたら余りにも放っといたもんだから
アップデートとかセキュリティ関係の設定の変更とか
やんなきゃいけないことが山積みだったわけ。

一息ついたらこんな時間よ。

んで せっかくだからちょっと更新でもしてみようかと思ったわけ。

まあでも、また職質の話(ここ4,5週間で4度目だけど)
書いてもしょうがないんで楽器(Trp)のことでもUPしてみます。

 

71-1.jpg
まあ、上の写真みたいなことに成り果ててるんだけど
細部がどれだけアホなことになってるか分からないと思うんで
最近いじった細かいところを。

まずはレシーバーリング。

どうよ?
receiver_ring


「どうよ?」つっても分かんないよね。
これはBob Reevesのこの製品のシームレスってか切れ目のない
完全なリングになってるような物が欲しくて自作したもの。
もともとはエアコン室外機のクソでかいバルブ部品。
大きなものから試し吹きしながら だんだん小さく削っていったから
3週間ぐらいかかったし延べの作業時間も24時間超えてると思う。


次はこれ

bottom cap

昔もらったウルトラへヴィのボトムキャップを
やっぱり吹きながら徐々に削ってったらこうなった。
でも「イイじゃん♪」とか思ってたら内側に“返し”がついて無かったため
溜まった水で手がべちょべちょになるんで、やはりエアコンの室外機と室内機の間をつなぐ
銅パイプを切ってキャップの穴を広げてハンダで接合。さらに良くなったよ。

だいたい今のBACHはシリンダーの中はともかく
上下のキャップとそのネジ切り部分は精度がメチャクチャ。
だからケーシングを上下ともデジタルノギスで測りつつ
砥石で研磨してその分キャップの足も削ったの。


つぎはこれ

top cap

トップキャップの足も、
写真じゃよくわかんないないけどケーシング上部も削ってあるでしょ。
まあ一番目立つのは笠ゴム部分を削り落として緩衝材をボタン裏に変更してあるところだと思うけど。

でも、この写真一番のトピックはステムとボタン。
Renaissnce Brassworksのこの製品。
この楽器には少し重すぎて上部を少し削ったんだけどこれはすごくイイ。
こういう後付けパーツで音が暖かくなったのは初めてですよ。
これに合わせて中のバルブガイドも昔買った真鍮製に戻して
緩衝材もRenaissnce Brassworksの池辺さんの
アドヴァイスにしたがってコルクに変更。

ただ、天然コルクや圧縮コルクは寿命が短すぎるんで
樹脂の隙間にゴムをしみ込ませた楽器用のゴムコルクにしました。
そのままだとパタパタ音がするけど#280ぐらいのペーパーで
ケバ立たせると大丈夫、微調整は要るけどね。

あと、気休めだけど3番のオープンを0.5mmだけ沈ませてます。


最後がこれかな

2nd Valve

色々やったあと少し落ち着いてさらってたら2番押さえた時に
なんか軽いって言うか、肩透かしな感じがあって真鍮のパーツに
銅の足を履かせてハンダで付けてみました。
これも変わるね、良い意味で音がねっとりする。


まあ、こんなもんかな。

ゐゑーゐ!

うぃー

って、よっぱな訳じゃないッす。

ダイスケ佐藤さんのスタジオにフルセット持って行って聞いてもらって
結局11Cベースのこれに決めてさ、

49-1.jpg
で、確かに調子いいのよ。
ついでにトモダチのよしみでいっぱいレッスンしてもらってさ。
そしたら、
「できない事のうちの挑戦できる事」の幅が
一気に広がっちゃって、それらに足掛かりめいたものがどんどん出てきちゃって
 
 
もぉタイヘン!
 
じぇんじぇん時間足らなさすぎ。

はぁ。
 
 
☆・☆・☆ 
 
明日からは秋田は大曲。
花火大会はもう終わってるんだよね。
ザンネン。

うぃっす!

53-1.jpg

う〜ん。
9Cベース、かなりヨイのだが、
すこーし ちゃいちーなんだよなあ・・。
(16.55mm。上の写真のヤツね)

広げちゃおうかなぁ。
一応こんな感じなんだけどさ。

Trp_newMP-9C_02.jpg
(ボケピンだなぁ)

 
イイはイイのよ。
でも、いかにも「トランペットを吹いてる!」
って感じの吹奏感が11Cベースのほうにはあまり無くて
かなりシームレスな感じで持ち替えられる気がするんだよねぇ。
ただ、内径の実測値が場所によっては18mmって
いうバカなサイズだから考えちゃうんだよなぁ。

失敗して楕円になっちゃったって意味じゃないよ。
ラッパのマウスピースをノギスで測る場合は
かなりシッカリしたエグリがない限り
測れる場所がいっぱいあるからね。

まー、ムズカシイわ!

今ゴチャゴチャいじるとダメにしちゃいそうなんで
ドリルは封印じゃ!

(やっぱりかよ!) 

おっはょ♪

ねぇねぇ聞きたい?

9Cねー。

大成功!!

(きっと聞きたくねーよ)

 
いやいや、まあ、そう言わずに・・

ってかね、
ほぼ理想どおり内径実測16.55mmで、BachのA〜Bカップぐらいの感じで
笑っちゃうぐらいうまくいったのよ!!!

外形がまだ完成してないから今日は写真のUPはできないんだけど
さっき、丸棒ヤスリも買ってきて明日の準備はチリバツですよ!

もうね、
一生もんの気がするよ、マジで。

やぁりぃ〜! 

ドゥビドゥバ♪

 明日はね♪

もう1コBACH 9C(ドット)で作ってみるんだ♪

もう少し小さい内径のヤツを果たして吹けるものかどうか試してみるの♪

ってか、
実はもう少し小さくても良かったかなって思ったんだよ。
16.75mmってBACHで言うと1-1/2Cと2Cの中間じゃん?
リムの形もあるかも知れないけどもう少し小さくてもイイかもだよね。

だから
9Cから削り出していって
BACH3~5ぐらいの感じでもう少し深くしてみるつもり。
ホントは今やりたいんだけど吹きながら飲んでたら
ちょい飲み過ぎちゃったんだよね(笑)

そうだ、
マネする人も少ないかも知れないけどマウスピースの
電動ドリルを使ってのカスタマイズの手順を紹介しとこうか。
ってか、オレの覚え書きかも知れないけど。




  1. まず想像力を駆使して荒いダイヤモンドやすりで
    「えぐり」をある程度作ってしまう


  2. カップ底部を削り、えぐり下部からスロートまでつなげる

  3. スロートを調整する

  4. 内径と内エッジを余裕を持って削る

  5. ガマン出来る程度でいちばん番手の大きなペーパーで

  6. 全体のスムージング

  7. 吹いてみる

  8. イマイチなら手加減しつつ「1」に戻る

  9. 吹いてみる

  10. 「こんなはずはない」なら諦めていつもの練習をして
    翌日を待つ(これが重要!)


  11. 翌日確信がないなら上に戻る

  12. やはり確信がないならもう一度だけ「10」に戻る

  13. まずスロートをいじってみて「8」に戻る

  14. ボアを鉄芯を巻いたペーパーで少しだけ広げて「8」に戻る

  15. 重要なのは自分のサイズよりも小さい内径のもので
    5〜6本は練習すること!



んな感じ。

ってか、
やってみたいけど不安な人や、
なんだかうまくいかない人はメール頂戴な。

ただ、カスタマイズは
諦め切れなくて売るに売れないマウスピースが
これぐらいある人にしか向かないかも知れない。


MP-case.jpg

ははは、
いま写真撮ったついでに数えてみたら
ラッパ25本にボントロ20本あったぜ (j_j)

どんなに安く見積もっても40万か・・。
 
 

お馬鹿だねぇ・・ 

はぁい♪

50-1.jpg

 いやぁ、ぼかぁシワワセだよ、キミ。

もぉコイツのナツキ具合が尋常じゃなくてね。

ず〜〜〜っと吹いてられるの。

そりゃバテるはバテるんだけど、バテても音が出る。
終わっちゃわないの。

なんて言うか、Trbみたいにずっと吹いてられる感じ。
ある意味Trbとは全然違うんだけど、とにかく音だしてられるのよ♪

シワワセすぎ♪

 
もぉ、すげぇ嬉しー。
 
ただね、ボアの長さが短すぎたせいかピッチが安定しなかったから
目分量だけどワンサイズくらいボアサイズを広げて直線部分を長くして
ほんの少しだけスロートを広げてみました。

これがまたビンゴでねー♪
(ふっふっふ)
 
そう、
どうやらバックボア入り口付近を薄くすると
柔らかい音になってコントローラブルになるみたい。
だから少しボアの円筒(直線)部分を長く取った方が良いのかな。
その分で増えちゃう抵抗はボアサイズとスロートを
気持ち広げると良いんじゃないかと思う。

楽器のことも書こうかと思ったけどまたにしよう。

カミナリがすげえからパソコン落とさなきゃ。

またね♪

いぇーい!

49-1.jpg

Trpのマウスピースを新誂しましたです!
 
既製品を買ったんじゃなくて持ってたヤツを自分で加工したの。
まあ、結構しょっちゅうやってるんだけど、今回は会心の傑作!
(のはず。ってか、そうだといいなぁ)
 
てかどぉよ?

すげえキレイなシルエットじゃありませんこと?

旋盤持ってないから全部ヤスリとペーパー使ってドリルで加工したんだよ。
のべ7時間ぐらいかかったかなぁ(苦笑)

オリジナル素材は「BACH 11C」で
加工後のリム内径は実測で約16.7mm。
セミ・ナローのインナーエッジの丸いフラットリムでハイポイントはいくぶん外側。
カップはえぐり付きのVカップで深さはBACHで例えるとA~Bの間で少しB寄り。
十分な深さがあるから「えぐり」はそんなに極端じゃなく、
すげえ深い1st-Vカップの先に2nd-Vカップがあって
広めのスロートに向かって滑らかに閉じる感じ。

Trp_newMP-02.jpg
 

ボアは軽くテーパを両方向にかけてみてサイズは#23ぐらいかなあ?
円柱部分はほとんどないかも知れない。

かなり思いつきで作業始めて2時間もかからずに内側を作ったら
偶然なんだろうけどあまりにも良いデキで、あわてて慎重な作業に変更し、
少し削っては吹きながらえぐりとスロートとボアを調整して
「アサイチ素の状態」での確認のために封印。

翌日わざわざ早起きして
寝ぼけクチビルで改めて吹いてみてもやっぱりすげえイイのよ。
んで、最終調整したらもぉサイコーでさぁ。
そのまま2時間ぐらい吹いちゃうぐらい。

さすがに疲れてきて
休憩しがてら己のラッキー具合(設計図がない以上6割はただのLUCK)を
噛みしめてた時に「これはこのコをナイスなプロポーションにしてあげなくちゃ!」
って思って、外形状加工に着手。

なんせ旋盤使わずに
ヤスリとドリルでやるわけだからBACHをここまで削るには
恐ろしく時間がかかるんだけど、もはや愛娘ぐらいの感があるコイツのためには
所要時間も右手の爪も掃除の時間も惜しくない。

余りにチープではあるが
持てる全ての設備、及びアサハカな知識、技術、経験と
何故かこういう時には息切れしない最大限の情熱をもって
彼女をものすごい別嬪さんに仕上げられました!

ちなみに
Before&After写真ね


befor_after.jpg

違うっちゅうの!こっち!


mp_befor_after.jpg
 
 
どぉよ?!
 
 
 
p.s.
 
そういえばラッパ本体もこんなになってたんだった

 
Trp_shichu.jpg
 
詳細はまた今度。

いぇーい!

6-1.jpg 

6-2.jpg

6-3.jpg

はい、
練習もせずに、メシも食わずに、ろくに寝もせずに
完全に意地になって設置したこのブログツールですが
ミナサマ呆れていただけましたでしょうか。
ってかさー、
こんなものは(サイトってのは)内容な訳ですよ、内容。
記事らしい記事なんて全然なかったもんね、ここんトコ。
てな訳で今日は久しぶりに楽器の紹介をしてみようかと思います。

まず一番上の写真。
「BACH 180ML 43bell」っす。
おまえはTrp吹きじゃないだろうって?
いいじゃん好きなんだから。
これは新大久保の「THE 中古楽器屋」(今は名前変わったかも)
→http://www.tcgakki.com/wind.html←
で買ったもので、まあ、当然中古品です。
この43ベルってのがなくてねー。結構さがしたんだよ。
なんでもカナダにいた商社マンの人がどこの都市かは知らないけど
アメリカに行った時に買ったものなんだって。
国内流通品とはちょっと違います。やっぱり。

でもねー、Trbと一緒でいじっちゃうんだよね。
それが次の写真で、まあ、知らない人はわかる訳ないけど
バルブキャップとケーシングの間にギャップがあるでしょ?
これが一番最近やったチューニングなんだけど
ヤフオクで1000分の1の精度のノギスをまず買って
砥石の荒砥、中砥と用意して布ペーパーも(この言い方変だ)
200番から1200番まで駆使して4時間ぐらいかかって削ったんだよね。
バルブ内の穴の位置もズレちゃうはずだからフェルトもコルクも
持ってるやつ全部ノギスで測り直して万一持ってるやつで
調整できなかった時のために
近くの楽器屋の電話番号も調べてから。
そしたら作業終わって組み付けてみたら穴がバッチリ合ってるわけ。
謎だったねー。ミラクルだったねー。
あんまり不思議でいろんな人に電話しちゃったもん。
このほかにもまあ、ボトムキャップにもギャップを設けたり
軸受け削ってあったり、支柱とったり他にもわかる人にはわかる
チューニングをしてあるんだけど全部軽くする方向の
チューニングなんだよね。
じゃあなんでBACHなんだって話もあるけど何故かオレは
重くする方向だとダメで、ってか、この楽器がたぶんそうなんだけど
どんどん軽くしていくと良くなってきたんだよね。

最後の写真はまあ、なんとなく。
部屋の机の上の写真。ほとんど物置だけど。

そういえば、
何年も「酒について♪」を更新してないから更新してみよう。
美味い焼酎みつけたんだ♪

あとさー、
こんなのも作ってるんだけどこれとどっちがいい?

http://J-chin.music.coocan.jp/blog/tackynote3.cgi

こっちだと機能は少ないけどカレンダーまわりが
分かりやすいし使いやすい気もするんだよねー。

ページ移動

ユーティリティ

新着画像

New Entry

あけおめ&ことよろっす!
2019/01/01 23:59
ども
2018/12/27 19:20
お詫び m(_^_)m
2018/11/13 03:45
納品完了!!
2018/11/07 20:42
「J's Slide Lubricant」発売日決定!?
2018/10/30 05:02

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード