“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2011/09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

エントリー

2011年09月25日の記事は以下のとおりです。

ええと・・

  • 2011/09/25 23:39
  • カテゴリー:Diary

いやー、
まったくこの軽いオバードース状態ってのはなんでここまで人をハイにするんだろうね。

まあともかく鼻血なんていくら抗血栓薬を飲んでようとそのうち止まる
なんて思ってたんだけどさ、止血のためにつまんでいた小鼻を流しの上で解放するたびに
両手にいっぱい血が出てりゃ4〜5回目にはクラっと来てあれ?って思うよね。

前回のは読んでもパッとは理解できないようにってか
読みたくもないように書いてるやろ!ってかそんな感じだったから
今日は少しちゃんと・・・書けるのかなぁ。

なんせね、かなりラリってるっていうか
先月CCUで最初に目が覚めたときみたいに何か考えると意識が落ちる

ことがありーの


鼻に風船・・・


あ、そうだ これまだ書いてないよな、文字通り今「鼻に風船」なんすよ。
なぜなら『場所が悪すぎる』から、で、その辺ちょい書きます。

救急車下りて救急外来入ってすぐ処置が始まったんだけど
普通の「自宅で止まる鼻血」は小鼻の上部からすぐ上の骨にかけての粘膜からで
よーーーっぽどの事があっても小鼻の上半分位を15分力一杯つまんでれば止まるのよ。
で、アカン場所がその上の全部で骨に守られて外側から圧迫できない。
でも少しぐらい骨の中でも詰め物で圧迫できれば何とかなる可能性もある。
で、今回はアカン場所でもワーストで喉と合流するところのフタ、
これが長いせいで長時間の仰向けができなくて全身麻酔で網膜剥離の手術を受けるハメになった
気管と食道のルート分けや鼻呼吸口呼吸とかわけてるヤツの少し外側(鼻の穴側)からの出血。

ホントに医者にも患者にもタチが悪くて
奥すぎるけど反対側からは見れないから出血場所の特定に超時間がかかる。
特定できても止血ガーゼを置く場所が難しい&麻酔しても信じられないぐらい痛い。
で、なんとか一時間以上かけて止血に成功し安心しているところで再出血し、
クソ痛いしメンドクサイのに全部抜いてやり直すも途中でガーゼでは無理と判断され
バルーン挿入決定、そして捜索&取りに行くorひとりで痛さガマン。
激痛の数分間ののちに風船が膨らまされ止血部位まで力技で移動。
そしてその小さな風船のコントロールが自分でできるはずもなく
緊急入院決定。

ってかね、最悪のバルーン挿入ってことになったけどガーゼで止血できて
入院は避けられたとしても、飛行機は気圧の調整が不可能になるから絶対ダメで
乗ると100%航空性中耳炎になって運が悪いと激痛と闘いながら一生を送るハメになるそうな。

で、こっちは4回目だし入院しちゃえばあとはヒマとの戦いとか思ってるじゃん
アマいね、アマかったね、大アマのタコちゃんだったね。

網膜剥離の術後とか場所が場所だけにかなり痛いほうだって言うし
こないだの開胸手術は目覚めるときやその後しばらくはかなり苦しかった。

でもね、いや超久しぶりに
どぅゑむおぬゑ!
ここへのバルーンはまず あるだけで激痛。
でその調整が痛いとかそういう次元じゃない。
なんせ気道の入り口付近だから血が気管にダダ入りしてゆくのを器具で吸ってくれるまでガマンしながら
鼻の奥のフタ辺りをカテーテルと風船でゴシゴシやられて咳き込むとバルーンを自力で動かす事になって激痛だし
何もしないと血がどんどん奥に入っていく、ってかこれは反射だからガマンは一定以上きかないんだよね。
で、咳き込んで激痛に絶叫(ホントに叫んじゃう)小休止して再開。

これ数日間毎日よ。

ここでも場所が悪すぎて麻酔を注射するとたぶん気絶するそうな。
ホントか知らないけど そういわれるからガスを通して感覚を鈍くするだけで処置するわけよ。

で、その後もずーーーーーーーーーーーっと痛い。

もちろんメシなんか食えないし水も痛いからできれば飲みたくない
唾液なんかも吐き出し続けたいけどきっと死ぬから痛くても飲む。
だんだん炎症も出て顔の内側から小人がノミで骨を削ってるような痛さになってくると
ガマンなんか無理なんで鎮痛剤を品を買えて連続投与してもらうしかなくなって
おかしなテンションになってくるよね。


で、ふと書き始めた時間を見てみると上記だが

今の実際は3:47(27:47)でふ。

途中痛くなって注射打ってもらったりとか、もしかして寝れるかもと思って挑戦したりとかしたんだよね
入院の日は当然寝てないし昨日も激痛と血塊がのどを塞ぐので嘔吐き(えづき)っぱなしでダメ、
今日は鎮痛剤ペースがわかったためか比較的マシな感じだけどやっぱもう4時だよね。

この状態では起きてても病棟から何も言われないね、
リズムを作って昼間寝ないために努力♪
とかムリだし死ぬよ。

たぶん今回入院してから一時間以上眠れたのは2回で、あとは全て15分以下だと思う。
ヤバいかも。

どーよ?!

  • 2011/09/25 00:18
  • カテゴリー:Diary

Bootcampで立ち上げていたWindowsXPがいつの間にか
上手く立ち上がらなくなっていたので一旦Fusionで立ち上げ直して
と思ったらFusionでも立ち上がらず
仕方ないのでFusionの別のバーチャルマシンをバックアップして
Bootcampのパーティションにリカバリしようとしたらなかなか上手くいかなくて
回復コンソールやLinuxのUbuntuなんかを使ってMacOs以外での起動を繰り返しているうちに
LIonがおかしくなってユーザ ホームディレクトリがあるボリュームに同名でディレクトリをもう一つ作って
その中にホームを置こうとするようになり 今までのホームは「Home 1」と勝手にリネームされ
まったく初期設定のまま、っていうかシステムに対してエラーのある状態のままのユーザホームが
立ち上がるようになってしまったのでXPの回復コンソールなどで少し慣れてたきたからといって
ターミナルコマンドでいろいろやっていたら パーティションのボリューム名とホームのユーザ名が
どちらも『J-chin』がらみで それに「(半角スペース→) 1」アリとナシだけで構成はまったく一緒
とかファインダーでの操作でも間違えそうなのにやっぱりミスって
なんと「rm」コマンドをボリュームにかけてしまい
システムとその設定以外がゴミ箱非経由で



全消去



されてしまうという
コンピュータ操作の上で誰もが考えつき且つ最も取り返しがつかないミスを犯してしまい
Timemachineは容量の関係で一時的にシステムのあるパーティションに対してだけBckupする
設定にしているからダメなのはわかっていたので ミセスでなくて良かったとか思ってるヒマもなく
XP回復コンソールのことをググっていたときに見つけた「photorec」というフリーのデータ回復ソフトを使って
回復を試みようとするもTimemachineも使えないぐらいなので当然回復ファイルの保存場所がなく急いでネットショップで
買い求め、その到着を待ってコマンドを実行してみるとおよそ8時間後に500ファイルごとに分けられたフォルダが
約2120個ほど、Lionが新規インストールされた新品の2TBのHDD上に作られその大半が無意味に見える
半角英数字と初見の拡張子で構成されたそれらを長い時間をかけて取捨選択し
1730フォルダめに さしかかった午前2時頃、
(↑ここまでは読まなくても可)

数年ぶりに昼間も出た鼻血がもう一度同じほうの穴から出てきて
ネットで調べた耳鼻科医師協会HPの処置法でもあんまりにも止まらないし量も増えてきたから
とりあえず市の夜間休日診療所にTELするもココは内科歯科ぐらいなので獨協医大を・・
とか言うから それならって自治医大にTELしてみたらヤバかったら来いって言われるも、
出血が運転できる量などではないので朝イチで近所の耳鼻科へ行くつもりでいたら
止まるどころかドンドン出血が増えてきて仕方なく救急車で自治医大に来たら


場所が悪すぎるので緊急入院です


って言われて
今また自治医大の新館8Fの窓際のベッドでこれを書いてまふ。

ページ移動

  • ≪≪ Older
  • Newer ≫≫
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着画像

New Entry

はぁい♪
2017/12/05 04:45
Jupiter Trombone
2017/11/15 05:07
お久しぶりでございます
2017/11/08 06:04
終戦の日 2017
2017/08/15 12:00
広島原爆の日 2017
2017/08/06 08:15

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード