“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2017/12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エントリー

広島原爆の日 2015

広島市に原子爆弾が落とされて今日で70年が経ちました。

被爆者の方々の名簿からも去年から五千名が鬼籍に入られたのだそうです。

ご存命の方もお元気な方ばかりとは限らないお歳でしょうから もはや実体験をお聞きできる機会は非常に限られた貴重なものになってしまいました。

オレがガキの頃はそんな方々はそこここにおられ、なにかにつけて当時のことを引き合いに出してくる彼らを不敬にもすこし疎ましく思ったことすらありました。

ガキにとってはやかましかった当時40〜50代であっただろうと思われる近所のおっちゃんたちも もはやご存命の方のほうが少ないかもしれないだろうということに月日の流れの早さを感じます。

 

 70年前に日本が戦争に負けたことや そのきっかけとして核兵器が戦争当該国であるこの日本の国土に落とされたことがあることを知らないという若い人たちのことをメディアで報じていたりします。しかしあれはメディアの煽りであり、ふらついた連中1000人に訊けば何人かはいるのでしょうがそんな阿呆だらけではけっしてないと思います。

しかし知識として引き出しにあることと感情を持って想ったことがあるかでは雲泥の開きがあります。

即死者8万人、総犠牲者20万人といわれても、われわれは数字では実感できません。

 

身を置き換えて想ってください。

父母、がきょうだいが目の前で焼かれているのに力が足りないのです。

さっき目が覚めたばかりの自宅が豪炎を伴って家族を下敷きにしているのに助けられない。

そればかりでなく振り返ると自分の後ろの炎は目の前まで迫っていて そこに留まることは自らも炎に包まれてしまうことを意味するのです。

きょうだいは「熱い熱い」と助けを求めますが父母は身を焼かれているにもかかわらず逃げろと言います。

 

何万人もがそんな目にあわされたのが70年前の今日です。

 

原爆詩集 峠三吉

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着画像

New Entry

はぁい♪
2017/12/05 04:45
Jupiter Trombone
2017/11/15 05:07
お久しぶりでございます
2017/11/08 06:04
終戦の日 2017
2017/08/15 12:00
広島原爆の日 2017
2017/08/06 08:15

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード