“J-chin”よねだ のBlog

カレンダー

2016/09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

エントリー

2016年09月の記事は以下のとおりです。

SCHILKE 5A4

おバカな頭でケムリが出るほどいろいろ考えながら
リムの座りの位置(ゼッツェン)を調整していて、マウスピースもとっかえひっかえしていたら
SCHILKE 5A4」などという一時はTrpシャンクのものはラインナップから消えて
Piccolo用のCornetシャンクだけになっていたキョーリョクにちっちゃなモデルに
どうもこの3日間落ち着いてきてるですのよ どーなのよ。

だいたいオレは今までBachでいうと1~3ぐらいの口径の
言っちゃぁデカ目のヤツばっかり使ってきてて でも何となくTrbのはちっちゃいんだから
Trpもなんとかちっちゃくできないかと思ってBach 5Vや、Dillon Music経由でMonette
特注(当時)した「B5 Plana XLT」とかに挑戦して敗れた経験があるぐらい小口径のTrpマウスピース
は使えなかったんだけど、今回のゼッツェン問題検証キャンペーンで
ずいぶんイロイロ変わったよね。

これも元を正せばWillie's Custom BrassModel J-chinの完成からだから
まだ鬼と出るか蛇と出るかだけど、あのマウスピースはオレにとって
とぉ〜〜〜っても研究のプラスになってることは間違いないよね。

 

だいたい旧刻印のSCHILKEなんてなんでオレが持ってるかっていうと
冬美バンド時代にお世話になったLead TrpだったT内さんに戴いたのさ、
OldのBob Reevesの「0S 69 3」と一緒に2本も(笑)

 

当時は「隊長、こんなの拙者にはムリです!」だったんだけど持っとくもんだね、
ってか戴き物だから売ったりするわけはないんだけどさ。

Reeves 0Sは張った低音域との同居が難しそうだから今は少し使いにくいけど
SCHILKE 5A4は何故か下も鳴るしコレでしばらく頑張って2~3週間さらいこんでみてから
6A4aと7B4を試してみようかなと思ってます。

 

って、こんな記事が誰の参考になるんだよ、ははは。

 

 

ゼッツェンとシラブルと上唇と・・・

結局、「逃げちゃダメだ」と思い直し
Trpでひたすら問題追求した結果、昨日の不調の原因がわかりました。

なんとシラブルが広すぎた模様でございます。ははは。
(「How to~」の『「奏法」について(8)』の「前室」ね)

 

いや、低い音が出ない、切れない、降りられない、ってなったら
アパチュアまわりの脱力でエア流量を確保してあれば次には
とにかくシラブルを下げてみるじゃん?ねぇ?

んでアホなオレは鳴らないもんだからTrbで同じ倍音を吹くようなシラブルで吹いて
ブシュブシュのスカスカになっておりましたのです、はい。

 

なんだかねぇ。。。

 

もちろん単純にコレだけではなくて、
シラブルが低すぎると(前室が大きすぎると)鼻が(舌唇が)下がりすぎて
Trpのリム内径に対しては過剰に大きなリード(振動体)になって振幅が確保できなくなったり、
下顎も下がりすぎてアインゼッツェンに近くなり、かつ、そのためにテンションが緩みすぎて
適正な共振が得られなくなってチューニングが1ヶ所だけ緩んだティンパニみたいに
おかしな響きになったりetc...とかイロイロあるんだけど、
いま書いたことは全部たぶん「前室」のデフォルト・スペースを
間違えていたことに起因するっぽいですデス。はぁ。

 

んで、ひとつ何となくの解決をみたら
こんどはTrbに戻るときの上唇のエッジからの位置関係問題が急浮上。

 

でもこれには丸一日宿題ナシでさらえる連続した2日間が欲しいなぁ。

 

むむぅ。

もぉずっと七転八倒中

はい、
かれこれ30余年ばかりノタウチまわっている
もうすぐ「齢五十
ニシテ天命知」らなければいけない予定の
“J-chin”よねだでございますがミナサマいかがお過ごしでしょうか。

もぉね、今日はホントにダメだったね。

昨日やっとまともにTrpでも10-1/2サイズでアンゼッツェンでイケる
おクチがわかった感じだったのに調子に乗って吹きすぎて唇ハレちゃったせいか
はたまた他の原因か、なんだかわかんないけど、今日はもぉ全然タンギングが切れなくて
泣きながらさらってました。さめざめ。

明日はリフレッシュするために一日Trbだけをさらってみようかなぁ。

でも気になってラッパ吹いちゃうんだろうなぁ。。

う~。

 

あ、上の更新カレンダーのレイアウトを少し
ってか ほんとジミに自己マン的に日付ごとの専有幅とか更新日のアンダーラインとか
マウスポインターを持っていった時の文字の拡大率とか調整してみました。

カレンダーから過去記事観る人も少ないと思うけど
何となく気になったし、なんせ煮詰まっちゃってるからね(笑)

祝!!

オレがみてる音高の1年と普通校の2年の受験生たちが今日、
ふたりともが揃ってDouble-HighのBbが かするようになりました。

ははははは。

嬉しい、うれしい、うん、
センセーは実にウレシーぞ!! 
(j_j)/

 

ウィスパー・ノートから教えてフェード・インやらせて
ボディ・マッピングをイチから説明してアパチュアをフォーカスさせて
楽器と交互に声でインターバル・ピッチのソルフェージュを鍛えて
ペダル・トーンと強制倍音との往復でフリーな両唇の振動と
フレキシブルなストリーム・チェンジをピンとこさせた結果ぁ・・・?

あ?

あれ?あの子らオレんとこ来てどれ位だ?1年半くらい?

たぶん ふたりともそれぐらいの期間で
多少の不安の払拭と僅かなアドバンテージを獲得できました!

いぇーい!ぱちぱち!! ヒューヒュー!!

 

ってかね、
そりゃ毎回毎回さも当たり前のように「ちげ!こうだよ!」ばりに
さも最初からできたように何度も何度も目の前でやられりゃイメージは湧くよね。

でも実はセンセーはね、キミたちの頃にはHigh-Gbあたりで精一杯だったのよ、よよよ。

 

とか書いてるけどキミら たぶんコレ読んでるよね。

ふふふ、悪いがセンセーは昔の自分などは とうの大昔に棚に上げるどころか
押し入れの天袋のいちばん奥にまで仕舞い込んでおるのだよ。
今日の舌先のハナシはタンギングにつながるから覚悟しろ(笑)

 

ってか でも、本当にいちばん大事なのは「スタイル」の確立だからね。
そのための協力は惜しまないけど決めるのはキミだから。

 

あれ?
オレ、すげぇ似たようなことを数日前のレッスンで言われたなぁ。。。

 

あれぇ?

 

 

  (j_j)?

さらに 二転三転・・

いやいや、
こないだはB4LDSがやっぱりイイって書いたけど
コイツだとおクチがちょっと腫れてくるぐらい吹いた後じゃないと
上のFまでの3オクターブがつながらないんだよさ。

仕方ないんでやっぱり10-1/2サイズのStork LTV10でもう少し頑張るです。

 

まあ、それなりに理由もあってさ、
こないだの21日にバート・ファン・リールって偉い先生のレッスンを受けてみたのですよ。

あ、あとイリャ・ラインハウトって若い先生のも少し。

みんなで受けるレッスンではアクティヴ・ストレッチからハーフ・アンブッシャでの
ウォーミング・アップとか逆スライドでのアルペジオとかで目新しくはなかったんだけど、
リール先生の個人レッスンではメンタルのことをすげぇ指摘されてなかなかヘコまされて、
(事情あって準備不足ではあったんだけどさ)
でも「考えるからダメなんだ」とか言われながら けっこう先生のおクチとかは観察できて
「トロンボーン演奏のためのコーディネーション・トレーニング・プログラム」をさらって
よくわかってるはずだったハーフ・アンブッシャの重要さを再認識してTrpでもやってみたら
そりゃもう ずいぶん効果があってね。

そもそもTrpではいわゆるBuzzingを推奨する人は滅多にいないんだけど
これは恐らく一番大きな理由はリムによって可動域を制限しないと音域的に不可能になってくる
ってのが一番大きいと思うのよ。もしかしたらできる人はできるのかもしれないけどinBbト音の
上加線4本のFをバズで当てるにはアパチュア部分が乾いててそこに摩擦がないとムリでしょ?
たぶん。

でもハーフ・アンブッシャでBbぐらいまでは上がれるセッティングでは
すーっとFどころかその上のBbぐらいまでシームレスに上がれるんだよね。
今日たまたま調子良かった可能性も拭えなくはあるんだけど。

Trbでも、まだ上手くつながらないことも多いけどペダルBbから4オクターブを
できようができまいがハーフ・アンブッシャで挑戦することでレッスンの時に指摘された
ウォーミング・アップ時に確実なイメージを持てっていうのが少しだけケース・スタディ
できたような気がする。
(勘違いじゃないといいなぁ)

 

てなわけで頑張るです。

二転三転、朝三暮四、四捨五入、思案六法、七転び八起き、七転八倒。

結局は

持ち替えがきくってことが大前提なわけでさ。

その定義って「ちょっとぐらいバテてもなんとかなる」ってのが
クリアできなきゃダメなわけじゃん?


今回は現時点で理想とも思われるTrbのマウスピースのおかげで
すべてが良い方向に変わったから「もしかしたら」と思って
いわゆる「Trpらしい」吹き方で10-1/2サイズでも「ぐーっ」と下顎を使って
クラークがせめてM.M.=150ぐらいのダブルタンギングでまあボチボチ吹けるような
当て方にシフトできたらもっとぜんぜんTrpがラクに吹けるようになるかと
思ったのが今回のゼッツェン問題の発端だったわけですよ。

メッチャ根詰めてやってみたんだけど結局はあて方変えちゃうとTrbもTrpも
バテたらどっちも使い物にならなくてねぇ。。

ってかTrpはいいんだけどTrbに戻ったときなんだよね。。。

 

☆・☆・☆

 

などと
9/19の20:27"25に書きかけてUPもせずに放置してカナシミに暮れてたんだけどさ、


今日、本来使っててここ数日封印してたMonetteのB4LDS Pranaに戻したら
10-1/2サイズなどを根詰めて使ってたせいでホントTrbも「キワッキワ」の
アンゼッツェンになってた おクチがビンビンに反応してくれるようになってて
例えばM.M.=120とかでクラーク2番の最初のF-durをシングルタンギングでは、
ってかダブルでもできなかったんだけど、なんか唇をぐっとカップに満たしてあげると
スルっとイケちゃったりして、

ほんでTrbに戻ったときの軽いDoodleタンギングのときとかも
そうするとスカらずに済むのよ。

まあまだ、要訓練なんだけどさ。

 

でもコレは
るるるらっきぃ!」

 じゃん?

 

いぇーい。

 

ふっふっふ。 

 

 

 

なんだけどぉ!

なんでこんなクソ回り道しなきゃわかんないんだろねぇ。。。

くそぉ。

。・゚・(ノД`)・゚・。

あてもなく さらい過ぎたせいで

昨日はおクチがオバQになっちゃって

なんの進展も光明も「いとぐち」さえも捉えられない 

無為とも思えるサミシ−ィ一日でした。

 

今日はTrbから吹き始めてラッパは指とタンギングの練習だけにしようかな。。。

ゼッツェン問題・・・むぅぅ…。

「ぁあ☆ぃィん♪」本当は「ein setzen」: 真ん中に位置する

「あぁん♪」本当は「an setzen」: キワに位置する

 

下唇に座ってる(位置してる)ってニュアンスらしいね。

ちゅうか 表現ざっくりし過ぎてるよ。

 

上唇は「ぜっつぇん」してないかぎり巻き加減とか関係ないはず。

 

ってか、

持ち替えたい以上 Trpをドライリップで吹くってのはNGな気がするんだよなぁ。。。

 

 

 

はぁ。

終わったぞぉー!

はいっ!

2013年12月の記事2014年1月の記事が復活して

ぶっ飛んじゃった以前のブログの記事が全復活です!

いやー、途中2度の交通事故があったとはいえ1年ちょいかかったんだもんね、
なかなかにナカナカだよね。うん。
(いやいや、半年に2回の高速道路での事故もそーとーナカナカじゃ)

 

で、まあ
なんか新しい記事でも書こうかなとは思ってはいるんだけど
「あぁん♪」と「ぁあぃィん♪」の問題があるからすぐには無理だぁね。

 

ってかね、
実は特にアインゼッツェンは
ホルンの奏法でもホントに古式奏法で現代のマウスピースには
やっぱり合わないみたいで、ましてや現代の短管ラッパ吹くのにそんなことやってたら
ちょっと息入れただけですぐ下がっちゃうしインターバルは安定しないし
結局、長管ナチュラルトランペットとかナチュラルホルンとかのためのものだよ。

ただ、さらってみる価値はあってそれなりに発見は多いよね。

そして全音域にわたるアンゼッツェンもラッパの場合は恐らく可能なかぎり避けるべきで
黎明期から高音域のために自然にペダルが鳴らないセッティングで進化してしまった
トランペットって楽器は、一番ポピュラーな金管楽器にもかかわらず金管属の中では
最も特殊なアンブッシャセッティングにならざるを得なかったんだろうと思うわけ。

 

長管ナチュラルトランペットについて知らない人のために書いとくと、
この楽器は今のTrb(当時はBbのサックバット)
と同じ長さの管長で、
管長に対するHi-Bbからが音階を奏でられる最低オクターブという

神に選ばれたものしか吹けなかった楽器で、
カップの底が完全に平らな凹形状のマウスピースで大きな抵抗をつけて
超高音域だけで曲を奏でた由緒ある教会や宮廷では歴代のラッパ吹きの
名前が残ってるぐらいの激ムズ楽器だったのよ。

いまギネスブックとかで最も難しい金管楽器がホルンだってあるのは
現代に残る唯一の長管楽器だから。

もはやある意味ロストテクノロジー。

でも長管ナチュラルのラッパの音色(「ねいろ」って読めよ!)は
誰もがふり返る
この音色をなんとかもっと多くの人が聴けるように
楽器をなんとかしたのが今のラッパなわけなのさ。

 

いま書いてて思ったけど、
ペダルはツボ(ぅわ ヤな言葉!)がないのにダブルペダルはそれなりに鳴るのは
この頃からのベル形状やテーパーバランスのせいなんだろうな。
バストロも古楽器のGやFの管長のためのベルテーパーだもんね。
(そう、関係ないけどバストロってinFで作ってBb上昇管にしたほうが良いんじゃないかなぁ)

ほんで
とりあえず明日は一日中さらえるんで、ちょっとマウスピースを小さくしてみて(10-1/2サイズ)
ロートーンでアインゼッツェン的にシフトするようなコトを試してみるんだ♪

 

 

ああそうそう、
だからこそ上唇は絶対に全部カップに入ってなきゃダメだと思うの。。

アルチザン3C(今んところ)

  • 2016/09/14 05:30
  • カテゴリー:Diary

2013年11月の記事が復活です。

さー、あとちょっとだ。

 

☆・☆・☆

 

ほんでぇ、

例の「あぁん♪」と「あ♪いぃん♪」の各ゼッツェン問題だけど、
今日は心臓の定期検査で横浜に行ったのと事故のリハビリで接骨院に行った関係で
飛び飛びで2時間ぐらいしかさらえなかったから逆になんだかわけわかんなくなっちゃったよ。

でもたぶんね、唇の赤いところの中の口輪筋の「かど」の
使い方っちゅうか内外のエッジに対する位置関係が重要っぽいことは認識できたんだけど
出っ張ってる左下1の前歯がセンターに当ててると邪魔するんだよねぇ。。

とりあえずここ数日はBachアルチザン3C。

 

マッキーサンキュ!いいよコレ。

最初ちゃんと吹けなかったけど、はは。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

新着画像

New Entry

はぁい♪
2017/12/05 04:45
Jupiter Trombone
2017/11/15 05:07
お久しぶりでございます
2017/11/08 06:04
終戦の日 2017
2017/08/15 12:00
広島原爆の日 2017
2017/08/06 08:15

Comment

Re:えー。。(笑)
2014/12/24 from 承認待ち
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/25 from えりか
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from 権限がありません
Re:久々に遅刻、のはずだったけど…
2014/08/24 from “J-chin”よねだ
Re:終戦の日
2014/08/16 from “J-chin”よねだ

新着トラックバック

Re:まちがいだらけの・・・
2017/03/01 from カルティエ時計
Re:広島原爆の日
2016/12/03 from Wholesale Jerseys

Feed

Search

エントリー検索フォーム
キーワード